画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ANAは11月8日、Amazonが提供するクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」に対応し、スマートスピーカー「Amazon Echo」で使えるANAのサービス(スキル)の提供を、「Amazon Echo」の出荷開始にあわせて順次開始することを発表した。

スキルとは、「Amazon Alexa」に話しかけるだけでいつでも利用できる便利な機能のこと。今回のサービスにより、ANAの国内線・国際線の運航状況をスマートスピーカー「Amazon Echo」を通して、いつでも気軽に確認することができるようになる。

「Amazon Echo」に向かって、「アレクサ、ANAを開いて」と話しかけるだけでANAのスキルが起動し、「Amazon Alexa」との会話に沿って運航状況を調べることができる。例えば、リビングで寛いでいるシーンや、手が離せないシーンなどにおいて、音声だけで必要な情報を入手することができる。

同サービスでは、ANA公式サイト「運航状況のご案内」ページにおいて提供している情報と同様に、出発予定時刻・到着予定時刻・搭乗口・その他発着に関わる情報を提供する。具体例として、「アレクサ、ANA を開いて」と呼びかけてANAのスキルを起動した後、「Amazon Alexa」との会話に沿って運航状況(出発予定時刻・到着予定時刻・搭乗口・その他発着に関わる情報)を調べることができる。

また、「アレクサ、ANAで午後6時に出発する羽田発・伊丹行きを調べて」「アレクサ、ANAで明日の午前10時20分に出発する羽田発ニューヨーク行きを調べて」という質問も可能。正確な出発時刻が分からない場合は、「〜午前10時に出発する〜」という調べ方もできる。そのほか、「アレクサ、ANAで37便を調べて」「アレクサ、ANAで昨日の186便を調べて」と問えば、「羽田18時発、伊丹行のANA37便は、定刻通り18時出発、19時10分到着予定です」等と答えてくれる。

その他の機能として、「アレクサ、ANAでトリビアを教えて」「アレクサ、ANAでサウンドを聴かせて」等とたずねれば、旅がもっと楽しくなる豆知識を集めた「トリビア機能」や、機内アナウンスや離着陸時の機内音などANAに関する音を集めた「サウンド機能」で答えてくれる。