毎週英語ジョークを紹介している爆笑メルマガ『笑える英語 無料版』から、「できる男の家事術」というジョークをご紹介します。

今週のジョーク「できる男の家事術」(Housekeeping Husband)

My friend’s husband is always telling her that housekeeping would be a snap if only she would organize her time better.

私の友人の夫はよく妻に、時間の管理さえうまくやれば、家事なんて簡単だと言っていました。

Recently he had a chance to put his theory into practice while his wife was away.

そして先日、妻がいない時に、彼はその理論を実践するチャンスがありました。

When I popped in one evening to see how he was managing, he crowed, “I made a cake, frosted it, washed the kitchen windows, cleaned all the cupboards, scrubbed the kitchen floor, walls and ceiling and even had a bath.”

ある夜、私は彼がどのようにやりくりしているかを見に行きました。彼は、「ケーキを作って、それをフロストしたよ。そして、キッチンの窓を洗い、食器棚を掃除し、キッチンの床と壁と天井をゴシゴシ洗いました。そして、風呂にまで入ったよ」と言いました。

I was about to concede that perhaps he was a better manager than his wife, when he added sheepishly, “When I was making the chocolate frosting, I forgot to turn off the mixer before taking the beaters out of the bowl, so I had to do all the rest.”

もしかすると、彼の妻より、彼のほうが管理に長けているのかと、しぶしぶ認めかけていたとき、彼はおずおずとつけくわました。

「チョコレートをフロストして、ボールから取り出したときに、ミキサーの電源を消し忘れてしまったんだ。そのせいで残りのすべてをやらなければいけなかったんだ」。

 

(サイト『The-Jokes.com』より出典、メルマガ著者訳)

 

ものすごい働いたようで、結局何もしていませんね…。肝心のチョコレートクリームだって、天井にまでまき散らせば、きっと足りなくなったはずです。残されたのは、ただのスポンジケーキ。でもまあケーキを作ろうって根性は、褒めてあげるべきでしょう。 

 

MAG2 NEWS