冷蔵庫にいつもキープしたい便利な一品/調理:瀬尾幸子 撮影:木村拓

写真拡大

ほかにも「作り置き」レシピをチェック!

ぶりの粕漬け焼き、鮭と根菜の粕汁、とりだんごの塩ちゃんこ鍋……。和食店のメニューのようですが、「酒粕さけ」さえあれば、これらすべてのメニューが簡単に作れてしまうのです。

「酒粕さけ」の作り方は、市販の酒粕に酒を加えて混ぜるだけと、いたって簡単。冷蔵庫で1年間保存可能です。酒粕はスーパーなどで1年中購入できますが、日本酒を造っている醸造元から直接購入すれば、生きた酵母が入ったフレッシュな酒粕が手に入ります。

新酒が出回りはじめるこれからの季節は、しぼりたての酒粕を安価に購入する絶好のチャンス。インターネット通販を行っている醸造元も数多くあるので、ぜひチェックしてみて。

 

■ 【酒粕さけ】

<材料>(作りやすい分量)

酒粕300g、酒1〜1と1/2カップ

<作り方>

(1) ボウルに酒粕を粗くくずして入れて、少しずつ酒を加えながら泡立て器でマヨネーズくらいのやわらかさになるまで混ぜ、保存容器に入れる

※冷蔵庫で約1年間保存可能。

(887kcal、塩分0.0g)

 

「酒粕さけ」を使えば、これらのメニューも簡単に! 時短調理の強い味方として、冷蔵庫に常備しておくと便利です。