この10台のなかから今年の「年車」1台が決定する

 今年のイヤーカーは何になるか? いよいよ年末の恒例行事である日本カー・オブ・ザ・イヤーの季節がやってきた。今年は本命か、とみられていた日産リーフが検査員問題でイヤーカーへのエントリ―を辞退、続けて起きたスバルの検査員問題で、スバルも辞退することになった。XVが好評で、今年も接戦かと思われていたが、日産、スバルの辞退で今年はどうなるのか、別の意味で注目が集まる。

 11月8日、東京タワーのそばにある機械振興会館で10ベストカー発表会が行われた。10ベストカーに選ばれたクルマは11月29日に富士スピードウエイに集められ、最後の試乗チャンスがあり、その後に選考委員が配点するという仕組み。

 今年の10ベストに選ばれたクルマはノミネート順で見ると

1.スズキスイフトシリーズ

2.トヨタカムリ

3.レクサスLC

4.ホンダN-BOX/N-BOXカスタム

5.マツダCX-5

6.アルファロメオ・ジュリア

7.BMW5シリーズ/ツーリング

8.シトロエンC3

9.ボルボXC60

10.フォルクスワーゲン・ティグアン

 今年の注目は販売好調のホンダN-BOXだ。初の軽自動車イヤーカーとなれるか? 下馬評では、辞退したリーフやスバルXVの票が分かれてきっと接戦だ、とも言われいる。

 2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤーの発表は12月11日。お楽しみに!