ラーメン以外に食べたい飲んだあとのシメは…北海道→パフェ、東京→牛丼、大阪は?

写真拡大

 飲んだあとのシメの定番といえば、ラーメンがもっともポピュラーなことに異論はないだろう。だが、ラーメン以外の”シメの定番”を調べてみると、47都道府県ごとに細かな違いが出ていることをご存知だろうか。

 今回、日刊SPA!取材班では100人の男女を対象に「ラーメン以外の飲んだ後のシメはなんですか?」というアンケートを実施。調査の結果明らかになった、全国津々浦々の意外なシメの一品を紹介しよう。

◆北海道民の支持率高し!パフェ

【パフェ】……6人

 まず、目立ったのは北海道民から多くの声があがったパフェ。道内では、「締めパフェ」なる言葉もあるとか。

「パフェ。流行っている!締めパフェおいしいです!」(北海道)
「アイスクリームが甘くて冷たいし、おいしいから飲みのあとには最高です」(北海道)
「デザートは別腹なので」(千葉県)
「飲んだ後に口の中がさっぱりするからパフェは最高」(北海道)

◆東京で人気!?「シメ牛丼」が好まれているワケ

【牛丼】……15人

 続いて、東京都民で特に目立ったのは「牛丼」という声。繁華街に牛丼チェーン店が立地していることが多い東京らしい結果と言えるかもしれない。

「帰り道にすき家があるからついつい寄ってしまう」(東京都)
「飲んだ後は炭水化物食べたい気分になる」(東京都)
「ちゃんとお腹が満たされるので」(神奈川県)
「程よい絶妙なツユが食欲を誘う」(東京都)
「吉野家の牛丼が飲んだあとに最高。ちょうど帰り道に吉野家とラーメン屋が並んで営業していて、シメたいけどラーメン気分でない時はうっかり吉野家に捕まる」(東京都)
「ラーメン屋が混雑してた時に入る。とりあえずお腹いっぱいにしたいから」(愛知県)
「ラーメンより牛丼並盛りくらいがちょうどいい。みそ汁も飲みたいので」(東京都)

◆大阪ではうどんが人気!?

【うどん】……11人

 北海道ではパフェ、東京を中心とした首都圏では牛丼の声が多かったが、関西地方で人気が高かったのがうどんだ。

「かすうどんを食べる。大阪南部の名物で定番の味だから」(大阪府)

 さらに関西に限らず、西の人たちは比較的うどんを好んで食べるようだ。

「あっさりとしたお出汁で胃があたたまってラーメンほどボリュームがないからシメにぴったり」(長崎県)
「飲んだ後に釜揚げうどん屋に入る。何故か無性に食べたくなる」(宮崎県〉
「こってりしてないので酔ってるときに優しい」(東京都)
「香川県民で夜遅くでも開いているうどん屋があるから」(香川県)
「腹持ちがよく、消化によいため。翌朝、胃もたれもしない」(福岡県)

◆全国的に人気なのはお茶漬け

【お茶漬け】……14人

 ローカル性が見られた上記3メニューに対し、回答が全国的に幅広く分布していたのがお茶漬け。その理由を聞いてみると……。

「ラーメンだと食べ切れないが、お茶漬けはかきこみやすいから」(福岡県)
「温かい物で胃が落ち着くから」(神奈川県)
「居酒屋でもメニューが置いてあるところが多いから」(新潟県)
「普通にうまい。さっぱりしてるしクセがない」(岡山県)

 たしかに、お茶漬けはクセがなく、どの地方の居酒屋でも出されるので好まれるのかもしれない。

 他には、「マック。ガッツリ系が無性に食べたくなる」(千葉県)「タコライス。地元が元祖だから」(沖縄県)など個性的なシメを選ぶ人も見られた。普段、飲んだシメにはラーメンばかり食べている人は、上記のメニューを一度試してみてはいかがだろうか。<取材・文/日刊SPA!取材班>

【調査概要】日刊SPA!サイト上で全国男女100人に「ラーメン以外の飲んだ後のシメはなんですか?」というアンケートを行い、その結果を集計したものです