画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ローランドは、同社が輸入および販売を行っている豪州Audiofly(オーディオフライ)のBluetoothイヤホン「AF100W」を11月17日に発売する。価格はオープン、市場想定売価は税込で16,000円前後となる模様。

「AF100W」は、ミュージシャンやエンジニアがライブステージで使用するプロ用イヤホン「イヤー・モニター・シリーズ」をベースに設計されている。ドライバーには、9mmデュアル・メンブレン・マイクロ・ダイナミック・ドライバーを採用し、独自のドライバー・チューニングを施したことで、音楽ソースの特性を忠実に再現するという。Bluetoothは4.1、コーデックはaptXに対応。

IPX4に準拠した防沫仕様となっていて、汗や雨に対しても耐性を備えている。また、ジョギングやトレーニングしながら音楽を聴きたいという向きに、イヤー・フックを採用した。ネックバンド・ケーブル部は、同社の「Audioflex Cable」を使用。登山用のロープにも使われているファイバー素材「Cordura」をケーブルに編み込み、柔軟性を保ちながらも優れた耐久性を実現している。

連続再生時間は5時間、満充電までの充電時間は70分。重量は15g。本体のほか、ノイズ・アイソレーション・シリコン・イヤー・ピース(2種類/3サイズ)、キャリーケースが付属する。