現在、タイのプロチーム「BECテロ・サーサナFC」でプレーする下地奨

写真拡大

 数か月前に当サイトで、サッカー選手としては特異な金銭感覚を持つカレン・ロバートを取り上げ好評をいただいたが、取材の際に彼から次のような言葉が出てきた。

 「インドでいえば遊佐君がそうだし、タイなら下地君みたいな選手もいますからね。日本以外にもサッカーで稼げる国が沢山あるということですよ」

 ということで今回はこの「下地君」、下地奨選手にご登場いただこう。2017年6月から、彼はタイ三部のウドンタニFCに所属し、今やJリーグ時代の数倍もの年棒を稼ぎ出すスター選手だ。

 しかし、そんな下地の歩んできた道は、回り道に回り道を重ねたものだ。大学卒業後サガン鳥栖に入団、その後パラグアイ、ブラジルと渡り歩いたが全然稼げず、数年前までは生まれたばかりの子供を抱えていたこともあり銀座でボーイをしていた。そのときに彼が見たのは、「お金をきちんと稼ぎ、かつカッコいい男たち」だった。

 「今まで夢とかなんとか言っていたけど、夢があっても稼げてないオレみたいな男ってカッコ悪いなと思いましたよ。サッカー選手って、少なくともオレの周りにそういうのがいなかったんですよ」

 一体、下地はそんな銀座の男たちのどこを「カッコいい」と思ったのだろうか。

 「当たり前ですけど、銀座で遊んでいる男たちって、きちんと稼いでいるわけですよね。稼いでいるからこそ、当時の僕と違って家族も守れている。でそういう人に限って店の女のコに手を出したりとかお行儀が悪いことはしないんですよ。店のママも楽しませて、場を盛り上げて、さっと引き上げるんだけどボトルは入れて帰って行くみたいな。オレもああならなきゃと思いましたよ」

 同じ意味で、下地は南米で強烈な矛盾を実感していた。

 「ボランティアも否定しませんよ。パラグアイやブラジルで、僕は散々ストリートチルドレンも見てきました。親は何やってんだと思いますよ。救ってあげたいなと思いましたけど、まず僕が救われてないんですよ。稼げてなくて、食えてなくて、自分の子供にひもじい思いをさせているわけですから。やっぱり、まず自分が稼がないと。ボランティアなんかその後ですよね。……って、やっぱりボランティアを否定してるけど」

◆稼げるサッカー選手になる術は指導者は教えてくれない

 こうして銀座のボーイだった下地は、自分なりにお金の勉強を始めた。

 「真っ先に読んだのは、あまりにもベタですけど“金持ち父さん、貧乏父さん”でしたね。当時の僕はブラジルから戻って来たんですけど、本場のブラジルでやっていたんだし、まあ日本でクラブくらいあるだろうと思っていたんですよ。五チームくらい話して、全滅でしたからね。“あ、オレ需要ないんだ”と。預金残高が40何円かで、コンビニでおにぎりも買えないんですよ。しょうがないからヤフオクとかで持ち物売って、ぎりぎり食いつなぎながら、どうせ仕事しないといけないならただのバイトじゃなくて銀座でのほうが面白いかなと。時給は1700円でしたかね。そのときに“金持ち父さん”を読んで、何を書いていたか覚えてないけど衝撃だけはすごかったのを覚えてますよ。」

 筆者が「金持ち父さん」を初めて読んだのは、忘れもしない2000年12月末だった。

 当時米国の大学で学んでいた筆者は、一か月の冬休みに際し、帰国費用とバスによる全米一周旅行の費用を比べてみるとむしろ全米一周のほうが安いことに気付いた。そこで全米を網羅するバス会社・グレイハウンド乗り放題パスを購入し、旅に出た。そして、ボストンのターミナルで買ったのが原書版「金持ち父さん」とその隣にあった「となりの億万長者」だった。

 筆者にとっては「となりの億万長者」のほうがインパクトが大きかったのだが、「金持ち父さん」も十分に衝撃的だった。未だにはっきりと覚えている部分が二カ所ある。