画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Twitterは7日(米国時間)、1ツイートの制限文字数を280文字に変更した。ただし日本語、中国語、韓国語は対象外で、引き続き140文字のままとなる。

同社は2017年9月から一部ユーザーを対象に、試験的にTwitterの文字制限を280字に拡大していた。テストの結果、140字以上のツイートは5%、190文字を超えたツイートは2%だったという。必要な時以外はおおむね140字でツイートされており、Twitterの特徴であるシンプルさが保たれると判断したため、280文字を標準とした。

従来、英語ツイートでは9%が140字制限の上限に達していたが、試験的に280文字を導入してからは、文字数が上限に達したツイートは1%まで縮小したという。同社はこの結果から、ユーザーがツイートの編集にかける時間が減り、発言しやすくなったとする。

日本語、中国語、韓国語は他の言語と違い、「他の言語に比べると伝えられる情報量が異なる」ため、140字制限のままとなる。