画像提供:マイナビニュース

写真拡大

GitHubは同社のオープンソースのクロスプラットフォームテキストエディターATOMのv1.22をリリースしたことを公式ブログで発表した。

1.22では、長らく懸案であったGitプロセスに関連するパフォーマンス問題を解決しており、操作上のユーザーエクスペリエンスが向上するほか、テキスト入力におけるバッファープロセスに関わる変更などパフォーマンスの向上が図られた。ブログでは、大きなプロジェクトで利用しているユーザーには特に嬉しいバージョンアップであるとしている。

またデフォルトで搭載されているbracket-matcherに行番号ハイライト機能が追加。対応行番号が強調され{ }(ブラケット)の対応の把握がより迅速になる。bracket-matcherの設定からHighlight Matching Line Numberにチェックを入れると動作する。