日本のアニメ文化を発信する拠点「東京アニメセンター」が東京・市ヶ谷にリニューアルオープン!

写真拡大 (全10枚)

秋葉原UDXにあった「東京アニメセンター」が、日本のアニメ文化を発信する拠点として、10月28日に東京・市ヶ谷の「東京アニメセンター in DNPプラザ」としてリニューアルオープンした。前日の27日、報道陣向けに記者会見が開かれ、施設内が披露された。 

第1弾企画展として「タツノコプロコレクション2017−創立55周年特別企画−」を開催(10月28日〜11月27日まで)。タツノコプロダクション(以下:タツノコプロ)が55年にわたって創出してきた数々の名作を大日本印刷(以下、DNP)の空間演出・表現技術で体験できる企画展で、ユニークな展示を通して作品の魅力を伝える。

セレモニーではリニューアルオープンを記念してテープカットが行われた。(写真左から日本動画協会の石川理事長、「Wake Up, Girls!」の田中美海さん、新宿区寺田副区長、株式会社タツノコプロ桑原社長、大日本印刷株式会社浅羽執行役員)

日本動画協会の石川和子理事長は、リニューアルに際し「『日本のアニメーション文化発信拠点』『アニメーション最新情報発信拠点』『アニメーション関係者交流拠点』『次世代人材育成拠点』『産業観光拠点』の5つをコンセプトとし、アニメ業界の成長や、地域での展開を進める場、海外からのインバウンドにも対応できる新しい拠点としたい」と挨拶した。

記者会見ではゲストとして、アニメ「Wake Up, Girls!」から派生した声優ユニット「Wake Up, Girls!」のメンバー田中美海さんと、イラストレーター兼キャラクターデザイナーの吉田すずかさんも登場。

「タツノコプロコレクション2017」では、55年にわたって愛され続けている名作にまつわる展示が集結。ミニシアターでは昔懐かしい映像も公開。

「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」のブース。人気キャラクターと一緒に写真が撮れる大型フォトスポットや、週替わりで変わる描き下ろしスポットを用意。

ファンに絶大な人気を誇るシーンを再現したフォトスポットも展示。また同作品の生みの親である菱田正和監督のインタビューも紹介。ファンならば一度は見る価値があるだろう。

ガッチャマンやキャシャーンなど、タツノコプロを代表する伝説のヒーローたちが集結した55周年記念作品のテレビアニメ「Infini-T Force」(2017年10月から日本テレビ系などで放送中)のブース。作品が作られるまでの最先端のアニメーション技術などを紹介。

1975年から1983年まで7作品が放送され、その後も続編やリメイクなどが続くテレビアニメシリーズ「タイムボカン 逆襲の三悪人」のブース。普段なかなか見ることのできないアニメ動画の台本や玩具も用意。

アニメーター体験ができるブースも設置。プロが使用している機材と同じものを使ったイラストのトレース体験や、ペンタブレットを使った作画体験が可能だ。

「タツノコプロ」年鑑では、タツノコプロのこれまでの55年間の歴史や作品を紹介。ファンにはたまらない作品の名ゼリフなども展示されている。

「東京アニメセンター in DNPプラザ」の開館時間は、11時から20時まで。入場料は無料。(休館日:火曜日、年末年始、施工等臨時休館)