画像提供:マイナビニュース

写真拡大

タレントの川崎希さんと夫のアレクサンダーさんが11月8日、セガトイズの「Dream Switch」発表会に出席。不妊治療の末、8月に第一子となる長男を出産してから初のイベント出演となり、子育てや子どもがうまれてからの生活の変化などについて語った。

子どもがうまれてからというもの、毎日子どもがどちらに似ているか話し合っているという2人。川崎さんによればアレクサンダーさんは「いい子になった」といい、「子どもが頻繁に泣くので出掛けられなくなり、無断外出をしなくなりました」と夫の出産後の変化について語った。

川崎さんが「子育てを2人でやると決めていて、お風呂も3人で入ります」と話すと、「暇だから」と照れた様子だったアレクサンダーさん。アレクサンダーさんは、オムツ替えやお風呂、ミルクなど育児に積極的に取り組んでいるそうで、赤ちゃんのことが気になりすぎて寝不足になるほど、子煩悩ぶりを発揮しているという。

不妊治療を続けてきた川崎さんは、「ここまで来るのは長かったので、子どもができたときは本当に感動しました」とコメント。不妊治療をしている人たちに向けて「ストレスを抱えすぎず考えすぎないように取り組めるといいと思います」とメッセージを送った。

川崎さんによれば、「大家族に憧れているので子どもは7〜8人欲しい」とのこと。「もう浮気をしている暇はないですね?」とのリポーターの問いに、アレクサンダーさんは「もう浮気はしない」と断言していた。