国会周辺で開かれたトランプ氏の歓迎集会と反対集会=8日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大 (全5枚)

【ソウル聯合ニュース】トランプ米大統領が韓国の国会で演説した8日午前、国会周辺ではトランプ氏を歓迎する市民団体と反対する団体がそれぞれ集会を行った。両陣営の衝突もあった。

 国会周辺では親米・保守系団体のメンバー約8000人、反米・革新系団体のメンバー約600人(いずれも警察推計)が集会を開催。警察は約1万8800人を国会周辺に配備し、国会正門から約100メートル離れた位置に阻止線を張るなど、物々しい警備が敷かれた。

 トランプ氏の訪韓に反対する団体でつくる「NOトランプ共同行動」は「平和を破壊し、人種差別をする戦争狂・トランプに反対する」などと主張。「NOトランプ」「戦争反対」などとシュプレヒコールを上げた。

 保守系団体は演説を終えたトランプ氏の最後の訪問地である国立墓地のソウル顕忠院でも集会を開催。約1900人が集まり、両国の国旗を振りながらトランプ氏を歓迎した。トランプ氏は顕忠院を出る際、集会参加者らに手を振って応えた。