8日、韓国メディアによると、ドナルド・トランプ米大統領と共に7日にソウルに到着したメラニア夫人のにっこりと笑う姿が何度も目撃され、韓国ネットユーザーの間で話題となっている。写真は韓国の米国大使館。

写真拡大

2017年11月8日、韓国・中央日報によると、ドナルド・トランプ米大統領と共に7日にソウルに到着したメラニア夫人のにっこりと笑う姿が何度も目撃され、韓国ネットユーザーの間で話題となっている。

メラニア夫人は7日に到着した後、ソウルの米国大使館に移動し、大使館主催のイベント「ガールズプレイ2」に参加。韓国の中学生約80人の前で演説したメラニア夫人は、来年の平昌五輪について「皆さんが開催に向けて盛り上がっていると確信している」とし、「(平昌五輪は)私たちに共通するスポーツへの愛を通じて世界が一つになる素晴らしい機会になる」と述べた。

メラニア夫人が演説を終えると、中学生らからは大きな拍手が起こった。さらに、一部の学生が歓声を送ると、メラニア夫人は笑顔を見せたという。また、イベントには韓国の男性アイドルグループ「SHINee(シャイニー)」のメンバーであるミンホも参加。メラニア夫人はミンホを見た瞬間にもにっこりと笑みを浮かべていたという。

韓国のインターネット百科事典「ナムウィキ」には、メラニア夫人の検索ページに「ロボット説が出るほどあまり笑わないが、今回の歓迎イベントでは終始、笑みを浮かべていた」との記述まで登場したという。

メラニア夫人が笑顔を見せたことに対し、韓国のネットユーザーからは「こんなに笑う人だったっけ?」「メラニア夫人がこのように笑う姿は初めて見た」など驚きの声が上がっている。また「これは真の笑顔だね」「素敵な笑顔。親近感が湧いた」「リアクションの国にようこそ」「イケメンの力はすごい」「韓国はどんな大物でも感激させられる国だよ」など喜びの声も多数みられる。

その他「韓国のおもてなしは日本より心が込もっているからね」「日本はイバンカ(トランプ大統領の長女)をもてなすのに必死だった。韓国では注目を独り占めできたから気分が良かったのだろう」と分析する声も。

一方で「日本でも笑っていたけど?」「韓国の国益には何の役にも立たない」と指摘する声もみられた。(翻訳・編集/堂本)