ASローマのブラジル代表GKアリソン・ベッカー 【写真:Getty Images】

写真拡大

ブラジル代表GKアリソンがネイマールら3連続セーブ…同国メディアは日本戦に抜擢予想

 10日にサッカー日本代表と国際親善試合で対戦するブラジル代表は、すでに合宿を開始。目前に迫った戦いに向け、調整を進めているが、同国サッカー連盟は日本戦に先発が予想されるGKが練習中、FWネイマール(パリ・サンジェルマン)らを相手に“超反応セーブ”3連発を繰り出し、公式インスタグラムに動画付きで紹介。「ゴール前でなんて一連の出来事だ!」とつづり、反響を呼んでいる。

 日本戦でカナリア軍団のゴールマウスに立つと目される男は、順調に仕上がっているようだ。驚異のセーブを連発させたのは、ブラジル代表GKアリソン(ローマ)だ。

 同国サッカー連盟は8日に練習風景を公開。そこではシュート練習で世界最強軍団を相手に堅守を披露する様子が収められている。DFマルセロ(レアル・マドリード)が左サイドからクロス。ペナルティエリア内でDFダニエウ・アウベス(パリ・サンジェルマン)が右足を振り抜いたが、足元に放たれたシュートにアリソンは素早く反応。はじき返したが、まだ終わらない。

 こぼれ球に反応したのはネイマール。至近距離から右足ダイレクトでシュートを放ったが、またもアリソンがブロック。もう一度、ネイマールがボールを拾って左足を振り抜くも、逆サイドのコースに左手一本で反応。足元に転がったボールにマルセロから4本目のシュートを狙われたが、寸前で飛び込み、ボールをキープしてみせた。

大迫、乾らに立ちはだかる? ファン「ブラジルはGKの宝庫」「愛すべきセーブ」

 もちろん、練習だから100%ではないとはいえ、至近距離の反応はピカイチ。投稿は「1、2、3、4回アリソン!ゴール前でなんて一連の出来事だ!」とつづって紹介し、映像を見たファンも「頂きの領域だ」「ブラジルはGKの宝庫」「立ちはだかる壁だ」「愛すべきセーブ」と称賛の声を上げている。

 ブラジル代表の正GKはエデルソン(マンチェスター・シティ)だが、同国テレビ局「GLOBO」は、日本戦の先発はアリソンを抜擢し、チャンスを与えると予想している。

 日本代表ではFWに海外組では大迫勇也(ケルン)、乾貴士(エイバル)、Jリーグ組では興梠慎三(浦和)、杉本健勇(C大阪)らが招集されている。練習からファンが唸るほどの好セーブを連発している男が、日本のアタッカー陣の前に立ちはだかるかもしれない。