オメでたい頭でなにより、ライブで“持ち曲”全披露 『オメコレクション』発売&ツアー開催も

写真拡大

 オメでたい頭でなによりが11月5日、川崎CLUB CITTA’にてワンマンライブ『オメでたい頭でいっぱいです!〜ザ・ベストライブ〜』を開催した。

(関連:オメでたい頭でなにより、笑いと興奮に包む熱狂ライブ “伝説の一夜”となったレコ発ワンマンを観た

 10月29日大阪・阿倍野ロックタウンに続いて行われた本公演では、彼らがこれまで発表した持ち曲全てを披露。「えんがちょ!」や「wosushi〜ウォールオブ寿司〜」などのライブ定番曲、ボーカル赤飯の多彩な歌声を楽しめる「ぼよよんラウド」や大塚愛カバーの「さくらんぼ」、メンバーがフロアに降り立った「生霊の盆踊り」やバンド名を冠した入魂の一曲「オメでたい頭でなにより」のほか、新曲「スーパー銭湯〜オメの湯〜」や初期曲メドレー、アンコールも含め全20曲をパフォーマンス。最初から最後まで“オメでたい”ムードに包まれる中、テクニカルかつエモーショナルな歌唱と演奏により、現時点での彼らのベストライブが繰り広げられた。

 さらに、ライブ終了後には、2018年1月1日(元旦)に『まとめ盤「オメコレクション」』を発売すること、その後2月からツアーを開催することが発表された。

 『まとめ盤「オメコレクション」』には彼らの定番曲を網羅。また、ライブでも披露された「スーパー銭湯〜オメの湯〜」に加え、「湯沸く」「笑うユメの生活」といった新曲も収録される。初回限定盤の特典DVDには、1年間の間に月1本ペースで制作された12本のMVが収録され、メンバーによる解説副音声も付いている。

 2018年2月2日水戸LIGHT HOUSEを皮切りに行われる『レコ発ツアー「真剣2マン遊VIVA!』では、a crowd of rebellion、ビレッジマンズストア、ヒステリックパニック、四星球などのゲストを迎える。チケットは、オフィシャル1次先行の販売がスタートしている。(リアルサウンド編集部)