最大9万人の旅行申込者に被害を出した(株)てるみくらぶ(TSR企業コード:296263001、東京都)が、2011年9月期〜2016年9月期の6年間で総額3億1,000万円を株主へ配当していたこと分かった。
 破産管財人の調査により、てるみくらぶは費用の取り消しや架空利益の計上などによる粉飾を2013年9月期より行っていたことが判明している。それ以降も旅行申込者より前金で旅行代金を集め、運転資金に充てていたほか配当として社外へ流出させていた。


てるみくらぶの資本構成

 配当は2011年9月期に6,000万円、2012年9月期に2億円、2014年9月期に5,000万円が実施されていた。
 てるみくらぶの「破産手続開始申立書」によると、同社の株主は(株)てるみくらぶホールディングス(TSR企業コード:298593343、東京都、以下てるみHD)のみ。てるみHDの破産手続開始申立書によると、同社の株主はてるみくらぶの山田千賀子社長(持分25%)とA氏(同75%)の2人。
 山田社長は11月6日の債権者集会で、粉飾に手を染めた理由について「IATA(国際航空運送協会)の資格を守るため」と、運転資金の確保が目的であったことを強調していた。しかし、配当による社外流出が明らかになったことで、これまでの説明の正当性が問われそうだ。

2014年9月期に債務超過

 てるみくらぶは黒字決算を装っていたが、実際は2013年9月期から当期純損失を計上し、2014年9月期には債務超過へ転落していたことが、破産管財人の調査によって明らかになっている。純資産額の水増しは、破産直前の2016年9月期で86億3,000万円に上っており、この大半が旅行者から前金で集めた旅行代金で補填されていたとみられる。


 (東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2017年11月9日号掲載予定「Weekly Topics」を再編集)

 TSR情報とは