画像提供:nekooyaji(@nanata35047722)さん

写真拡大 (全6枚)

母親に促されて台の上から飛び降りるも、着地に失敗してしまうユキヒョウの子が可愛いとTwitterで話題になっている。

東京・日野市の多摩動物公園で今年誕生したユキヒョウの子・フクくん(5ヶ月)は、屋外の運動場を駆け回ったり母親のミミにじゃれ付いたりと、やんちゃ盛り。この日は台によじ登ったが、その高さが怖くなったのか、すぐに降りたくてウロウロ。見かねたミミが傍に来て遊びながら降ろそうとするが、それでもフクくんは飛び降りることができない。最後はミミに優しく背中を押され、ようやく勇気を出してジャンプに踏み切った。

台からダイブしたフクくんは、前足を下に伸ばした逆立ちのような体勢で地面に向かって落ちていく。しかし、着地の瞬間、前足だけでは体を支えきれなかったフクくん。頭ごと地面に突っ込み、その衝撃で体を反らすというコントのような着地を披露してしまった。幸いフクくんにケガはないようで、この様子を撮影したTwitterユーザーのnekooyajiさんが見ている間だけでも3回、台からのジャンプ練習を繰り返したという。

愛らしい着地失敗をみせたフクくんには、可愛いという声や「次はきっと大丈夫!頑張れユキヒョウ」「頭をワシャワシャ撫でてあげたい」といった励ましの声があがっている。また、実際は優しく促した形だが“獅子の子落とし”にもみえることから「強くなってほしい」といったコメントも寄せられている。