「東京とは違って…」 地元凱旋のハリル監督、報道陣の笑いを誘ったジョークとは?

写真拡大

連日好天に恵まれて調整は順調、ハリル監督も上機嫌で一言コメント

 日本代表は10日にフランスのリールでブラジル代表と対戦する。

 かつてリールで指揮を執った経験を持つハリルホジッチ監督は、自身が慣れ親しんだ地で代表チームが調整を進めるなか、非公開となったトレーニング後に上機嫌な一面を覗かせている。

 代表合宿3日目となった7日のトレーニングは冒頭15分のみ公開され、以降は非公開となった。1時間半程度のトレーニングを終えて選手やスタッフが施設から引き上げるなか、颯爽と現れたハリルホジッチ監督は報道陣の横を通り過ぎる際に歩きながら一言コメントを残した。

「東京とは違って太陽が出ています」

 1998年から2002年までリールで指揮を執ったハリルホジッチ監督は、昨年フランスで行われた欧州選手権で同市のアンバサダーを務めるほど関係が深く、自宅も構えるなど特別な地でもある。連日好天に恵まれたハリルジャパンは順調に調整を進めており、ハリルホジッチ監督の口からは思わずジョークが飛び出した。

 指揮官は「現在世界最高のチームだと思う」と王国ブラジルを称える一方、したたかな戦術を張り巡らせて大金星も狙っている。リールをUEFAチャンピオンズリーグ出場に導くなど地元で名将として知られるハリルホジッチ監督は、慣れ親しんだ“ホーム”で世界を驚かすことができるだろうか。

【了】

大木 勇(Football ZONE web編集部)●文 text by Isamu Oki

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images