子どもへの教育は国の違いに関わらず、一様に関心の高い分野だが、実際に子ども達が受けている教育や環境には各国で大きな違いがあると言える。中国メディアの今日頭条はこのほど、「中国人から見ると日本の耐寒教育は残酷だが、そこには真の愛があった」と論じる記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 子どもへの教育は国の違いに関わらず、一様に関心の高い分野だが、実際に子ども達が受けている教育や環境には各国で大きな違いがあると言える。中国メディアの今日頭条はこのほど、「中国人から見ると日本の耐寒教育は残酷だが、そこには真の愛があった」と論じる記事を掲載した。

 中国では子どもにはとにかく厚着をさせ、身体を冷やさないようにするという考え方がある。そのため、日本の一部の幼稚園や保育所で乾布摩擦を行ったり、冬でも薄着で過ごさせたりするというのは、中国人からすれば信じられないことなのだろう。

 記事は、日本で子育てをしている中国人の母親の実体験が紹介されている。彼女の娘は喘息を持っており、冬は特に風邪を引きやすいそうだが、中国にいる時は厚着をさせれば良いので特に心配はしていなかったという。しかし日本に住んで、娘が日本の幼稚園に通うようになって以降、この母親にとって衝撃だったのは「幼稚園では基本的に冬でも半袖、半ズボン」だったことだという。もちろん防寒着を着て通園するが、園内では防寒着は身につけないと言われたそうだ。

 この中国人は当初、戸惑いを感じたようだが、規則に従っていたところ、子どもの体は冬を越した頃にはだいぶ丈夫になったそうだ。しかしこの「耐寒訓練」という「日本の独特の教育方針」にどうしても抵抗があった母親は、幼稚園の先生に「この人道に反するような規則は誰が決めたのか」と尋ねた。すると先生からは「現代の生活では何処でも冷暖房の設備が整っており、学校や幼稚園だけが子どもに訓練を受けさせることができ、これによって身体だけでなく精神も鍛えることができる」という説明を受けたという。

 先生側の説明にはまだ半信半疑だったという中国人の母親だが、子どもに尋ねると「毎朝のマラソンで暑いくらいだ」と言うではないか。実際、日本で耐寒訓練を受けてからは喘息も起きなくなり、やっとこの教育方針について心配しなくなり、「残酷そうに見える耐寒訓練の背後には、子どものことを考えた真の愛があった」と述べている。中国では子どもに厚着をさせるのが普通のことなので、子どもに薄着をさせるというのは日本人が思う以上に敏感になってしまったようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)