音楽や歌に合わせて吠える犬の気持ちとは?

音楽や歌に合わせて吠えたり遠吠えをしたりする犬がいますが、一緒に歌ってくれているのかな?と思っていました。私はピアノとフルートを演奏するのですが、残念ながらうちの愛犬たちは一緒に歌ってくれませんし、全く興味がなさそうです。

音楽や歌に合わせて吠える犬の中には、普段からよく吠えるという犬もいるようなのですが、普段は全く吠えることもなく大人しい犬が音楽や歌にだけ吠えてしまうというケースもあるようです。このとき、犬はどんな気持ちなのでしょうか。

楽しそうな飼い主さんを見て、自分も参加したい!と思っている

飼い主さんが嬉しそうにしていると愛犬も嬉しそうに尻尾を振ってくれますよね。飼い主さんが悲しそうにしていると愛犬も理解するようにそっと寄り添ってくれますよね。

それらと同じように、飼い主さんが音楽を聴いて楽しんでいたり、歌を歌って楽しそうにしていると、一緒に楽しもう!と愛犬も楽しい気持ちになって、歌い出すように吠えたり遠吠えをしたりするのではないでしょうか。

とくに好奇心が旺盛な犬は飼い主さんと一緒に何かを楽しむことが大好きですし、ついつい吠えてしまうのかもしれません。

残念ながらうちの愛犬たちは音楽や歌には興味がなさそうなのですが、初代わんこは私がフルートの練習をするときは、いつも椅子の下に座って見上げていました。レッスンの先生のような気持ちで見ていてくれたのかもしれません。

大きな音がイヤで「やめてー!」と思っている

犬の聴覚がとても良いことはみなさんもご存知だと思うのですが、大きな音をとても嫌がりますよね。花火の音や雷の音に驚いたり怖がったりして家から飛び出してしまう犬もいるほどです。ドライヤーや掃除機などの生活音にも吠えてしまう犬がいますよね。

音楽や歌など飼い主さんにとってはそれほど大きな音ではないものも、愛犬にとってはとても大きくイヤな音である可能性があります。音楽や歌に合わせて吠えてしまうのは「大きな音はやめてー!」と訴えているのかもしれません。

そのときの愛犬の様子や表情を見て、嫌がっているようであれば少し音を小さくしてあげましょう。

オオカミだった頃の名残り!?

犬が遠吠えをするのはオオカミだった頃の名残りであり、習性であるとされていますよね。遠くにいる仲間や家族と交信するために遠吠えをしていたとされています。

犬の場合は、寂しい気持ちや不安な気持ちから飼い主さんを呼ぶように遠吠えをしたり、楽しい気持ちや気分が良いことから遠吠えをしたり、ストレス解消のためや気まぐれで遠吠えをする犬もいるようです。

仲間や家族が声をあげると自分も同じように声をあげる。それも習性の中のひとつのようなのですが、音楽や歌にも同じように対応しようとしているのかもしれません。

愛犬の様子や表情をよく観察してみましょう!

音楽や歌に合わせて吠えるとき、愛犬の様子や表情はどうでしょうか。尻尾や耳を下げて怖がっている様子でしょうか。何だか迷惑そうな嫌がっているような表情でしょうか。尻尾を振って楽しむように嬉しそうにしているでしょうか。

テンションが上がって吠えながら走り回ったりしているでしょうか。なぜ音楽や歌に合わせて吠えてしまうのかは、愛犬の様子や表情を見るだけで理解できるのではないでしょうか。

まとめ

犬が音楽や歌に合わせて吠えるのは、一緒に参加して楽しみたいから、大きな音が不快で嫌がっているから、オオカミの頃の名残りや習性から、などいろんな要素があるのではないでしょうか。

音楽や歌を一緒に楽しみたい!そう思って吠えているのであれば嬉しいですよね。自分が好きな音楽や歌を愛犬が一緒に楽しんで喜んでくれたら飼い主さん自身ももっと楽しいと思います。

犬にも好き嫌いがあるようなので、愛犬がリラックスできるような、楽しめるような、好みの音楽を見つけてあげるのも良いのかな、と感じました。