7日、中国版ツイッター・微博に娘の入学金のためにレアな遊戯王カードを売った日本の父親について紹介する投稿があった。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年11月7日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に娘の入学金のためにレアな遊戯王カードを売った日本の父親について紹介する投稿があった。

投稿者は、日本のある父親が、娘の幼稚園の入園料や3年間の保育料などのために、世界で1000枚しかないという遊戯王のカード「青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイトドラゴン)」を4枚売ったと紹介。値段は伏せられているが、写真には1万円札がぎっしりと詰まった財布が写っている。

投稿者は、自分の思い出を娘の役に立つ形に変えたとし、父親の娘に対する愛の深さを称賛した。

これに対し、中国のネットユーザーからは「僕らが見てきたカードはみんな偽物だったんだ。そうでなければ駄菓子屋のおばさんはとっくの昔に豪邸を建てているはずだ」「世界に1000枚しかなければ高くて当然。俺たちが子どものころに見たカードは偽物だったんだな」「日本のは本物、中国の駄菓子屋で売っていたのは偽物」など、自分の状況と比較するコメントが寄せられた。

他には、「この人の娘はきっと相当かわいいのだろう」「1枚くらい記念として取っておけばよかったのに」という意見や、「そうしたら小学校や中学校はどうするんだ?大学は?」と心配するユーザーもいた。(翻訳・編集/山中)