毎日がんばってつくっている料理やお弁当、おしゃれなカフェに出かけたときに食べたランチ…。これらを撮影してSNSにアップしている人、多いのではないでしょうか。せっかくなら、よりおいしそうに撮れたものをアップできたらうれしいですよね。そこで写真教室を主宰する西村りつ子さんに、「料理をおいしそうに撮るコツ」を教えてもらいました。


2つのポイントさえ押さえれば、インスタ映え間違いなし!

「光を意識する」ことと、「主役を決める」こと。おいしそうに写真を撮るためには、この2つが大切なポイントになります。POINT1:料理がおいしそうに見える光


上の写真を見てください。料理が光に包まれ、ツヤと立体感が出ています。逆光や半逆光(斜め後ろから光が当たっている状態)は、料理をとてもおいしそうに見せてくれる光なのです。その光をとらえるには、窓際にテーブルを寄せるとできます。直射日光が当たる場合は、白いレースカーテンをひいた状態で撮るとよいでしょう。カフェなどでも、最初に窓際の席を選ぶと、おいしそうな写真が撮れる確率がグンと上がります。


また、サイド光(横から光が当たっている状態)も陰影が強く出て、かっこうよく撮れるおすすめの光です。なに気なく撮るのではなく、まずステップ1として光の向き、影の向きをチェックしてみて下さい。どの方向から撮るのかを意識するだけで、写真はだいぶ変わってきます。POINT2:主役を決める

目の前に並んだおいしそうな料理。どれもこれもしっかり写真に収めたいというのが人の心情ですが、そこはグッとガマン。欲張りすぎると、なにを伝えたいのかわかりにくい写真になってしまいます。
まずは、主役のひと皿を決めましょう。


彩り豊かなサラダや、写真映えするビビットカラーの器は、脇役にします。そっと添える気持ちで入れるだけで、華やかな食卓が想像できます。


ワンプレートやお弁当なら、一品見せたい主役を選んで下さい。そして、その主役がいちばんおいしそうに見える角度を探しましょう。この写真の場合、主役は肉巻き。肉巻きの照りが輝いて見える角度を意識して、撮影しています。


最後に、地下にあるカフェや、夜撮影するときのワンポイントアドバイスです。自然光で撮影できないときは、あえてモノクロやセピアで撮影してみましょう。それだけで、雰囲気がグッとアップします。文字入れすれば、おしゃれなポストカードのように!

いかがでしたか? これからは光をチェックして、おいしそうに見えるポイントを探して、撮ってみてください。おいしそうな料理写真に「いいね!」が増えるかもしれませんよ。

●教えてくれた人
【西村りつ子さん(撮影・文)】
奈良県在住。3人の子どもを育てる傍ら、自宅やカフェで不定期で写真教室を開催。手づくり雑貨や、毎日の暮らしぶりをインスタグラム(アカウント『tweet_hibi』)で紹介中