寒い季節になると運動もおっくうになり、太ってしまう!という人も多いのではないでしょうか?
「これからダイエットを始めよう」と考えている方も多いのでは?その反面、「どうせ長続きしないから」とあきらめてしまうパターンも。
そんなときは、ダイエットも“ながら作業”にすれば、長く継続することができます。
たとえば、歩きながら、お風呂に入りながら、家事をしながら……などなど。今回は、大がかりなダイエットではなくても、部分やせが比較的ラクにできる方法をまとめてみました。

高さのあるヒールを履くことで、ふくらはぎや足首もシェイプアップ!

どんな“ながらダイエット”があるの?

場所を問わずやりやすい運動もあれば、自宅で家事をしながら行なうのが向いている動きもあります。家事をしながら意識的に身体を動かすと、自然と代謝が上がり、部屋もきれいになり、お得なことばかりです。

たとえば家事と同時に行なうのが向いている運動は……
食器洗いをするとき

台所で食器を洗いながら、片足を上げてみましょう。さらに、もう片方の足はつま先立ちすると脚の筋肉が鍛えられ、美脚づくりに役立ちます。

掃除機をかけているとき

ストレッチ風に動き身体をひねるのがおすすめ。腹筋や腰まわりを強化しながら、あこがれのくびれたウエストを目指しましょう。

運動嫌いでも目指せる“ヒール美脚”

足首がきゅっと締まっていて、まるでジムで鍛え上げたかのような美しい脚なのに運動は一切しない。そんな女性の秘密は、ハイヒールにあります。常に11cmのヒールを履いていて、さらにかかとを少し上げたつま先立ちの状態で歩いているのです。そのため、ピンヒールであってもかかとが削れることがありません。

日常生活の中で脚の筋肉を鍛えて、締まった足首と美脚をキープ。
高いヒールは脚が疲れるという方は、3cmや5cmのヒールでかかとを上げて歩くプチトレから始めるのがおすすめ。
足首が引き締まるだけでなく、かかとも減らず一石二鳥です。

『レディのルール』(小西さやか著)

※引用文献:「レディのルール」/小西さやか著



■賢人のまとめ
忙しくて時間がなくても、“ながらダイエット”なら簡単に実践することができます。運動が普段続かない人も、是非、今日からはじめてみてください。

■プロフィール

オフィス美容の賢人 小西さやか

コスメコンシェルジュ。化粧品の研究や開発に携わってきたスペシャリスト。
現在は、一般社団法人日本化粧品検定協会を設立。
代表理事として、美容コラムの執筆、日本流行色の選定、メイクアップトレンドカラー本の監修を行っている。
最新著書「99%のクチコミは間違っている?! 勘違いだらけのコスメ神話」が2014年1月17日発売。
可愛くなりたいと頑張る女子こそハマってる!?コスメに関する意外な「勘違い」を一問一答形式で解説します!

「99%のクチコミは間違っている?! 勘違いだらけのコスメ神話」 http://www.amazon.co.jp/dp/493828054X/

小西さやかオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/panntyann1/

2014年5月開催「日本化粧品検定」HP:http://www.cosme-ken.org/