大宮アルディージャの新監督に就任した石井正忠氏【写真:藤江直人】

写真拡大 (全2枚)

監督就任会見で熱くさせた目頭

 リーグ戦が残り3試合の段階で、大宮アルディージャの監督に電撃就任した鹿島アントラーズ前監督の石井正忠氏(50)が7日、さいたま市内のクラブハウスで就任会見に臨んだ。古巣から託されたミッションは、現在17位のチームを逆転でJ1残留に導くこと。会見の途中で思わず目頭を熱くさせた新指揮官の脳裏に描かれていた、アントラーズを昨シーズンのJ1&天皇杯の二冠に導いた処方箋を、発売中の『フットボール批評issue18』で行ったロングインタビューから紐解いた。(取材・文:藤江直人)

----------

 言葉がおもむろに途切れた。一瞬の沈黙のあと、必死に紡ぎ出した声が震えているのが、マイクを介してはっきりと伝わってくる。大宮アルディージャの新監督に電撃的に就任した、鹿島アントラーズ前監督の石井正忠氏がひな壇の中央で目頭を熱くさせている。

 さいたま市内のクラブハウスで、7日午後に行われた就任会見。森正志代表取締役社長、新たに就任した西脇徹也強化本部長ともにスーツ姿で会見に臨んだ石井監督が、「この厳しい局面でオファーを引き受けた決定的な理由はあるのでしょうか」と質問された直後だった。

「どういう状況だとしても、監督就任のオファーを受けるのは嬉しいことです。クラブがこのような厳しい状況だからこそ、私にオファーをくれたということ。その強い意思を受けたので……」

 ここで言葉を詰まらせた。雰囲気的にも涙は似合わないとわかっていたからか。高ぶる思いを何とか抑えながら、オファーを受けてから2、3日で即答した理由を続けた。

「……それに応えないわけにはいかない気持ちもありました。本当に大変な仕事だとは思いますが、いままで選手、コーチ、監督として培ってきた私の経験を、短期間でもこのクラブに何か残すことができればという思いもあって引き受けました」

 オファーを受けた時点で、アルディージャはJ2降格圏の17位にあえいでいた。残されたリーグ戦は3試合で、J1残留となる15位のヴァンフォーレ甲府との勝ち点差は4ポイント。18日の次節でアルディージャが負け、ヴァンフォーレが勝てば、その時点でJ2への降格が決まる。

 ひとつの黒星も許されない状況はまさに崖っぷちであり、火中の栗を拾う選択をくだしたようにも映ったが、実はアルディージャとは前世紀から縁があった。石井監督が順天堂大学を卒業した1989年に加入したのが、アルディージャの前身だったNTT関東サッカー部だった。

 日本リーグ2部で2年間プレーしたあと、同じカテゴリーから唯一、1993年のJリーグ元年に臨む10チームへの参加が決まっていた住友金属工業蹴球団へ移籍。電撃的な現役復帰で世界中を驚かせた、神様ジーコらともに鹿島アントラーズの創設メンバーとなった。

前身のNTT関東に所属。チームへの思い入れ

 別々の道を歩み始めてから四半世紀以上の時間がたっても、石井監督は2年間で43試合に出場した古巣のことを忘れていなかった。就任会見の冒頭では、こんな言葉も残している。

「今回のオファーを受けるにあたり、悩んだ部分はあります。しかし、前身であるNTT関東に2年ですが所属していたため、このチームに対する思い入れも非常にあり、この状況をどうにか脱したい、リーグ戦の残り3試合を勝利で終えたいという気持ちで受けました」

 昨シーズンの年間総合順位で、クラブ史上で最高位となる5位と躍進したアルディージャだったが、今シーズンは開幕6連敗を喫する厳しいスタートを強いられた。第13節を終えて最下位に低迷していたことを受けて、2014シーズンの途中から指揮を執ってきた渋谷洋樹監督が解任される。

 ワールドカップ・アジア最終予選でJ1が中断する期間で再建させるために、いわばカンフル剤的な意味も込められていたが、コーチから昇格した伊藤彰監督のもとでも3勝8分け7敗と浮上のきっかけをつかめないまま残り3試合を迎えていた。

「前節のセレッソ大阪戦が終わって中断期間に入りましたが、この中断期間を生かそうと考えた結果、総合的に判断して監督と強化部長の交代を決断しました」

 会見に出席した森社長はシーズン中で2度目の指揮官交代、しかも同じシーズンで同じカテゴリーを戦った別のチームを率いていた監督を招へいする異例のケースに至った背景を説明した。そのうえで、来シーズン以降に関してこう言及している。

「石井監督に来ていただいたのは、残り3試合を勝ってJ1に残留する思いを成し遂げるためです。契約期間については差し控えさせていただきますが、まずは残りの3試合をしっかりやっていただくという契約です。それを踏まえて、(シーズン終了後に)我々の意思をお伝えしたいと考えています」

 石井監督も中・長期的なビジョンに関しては「考えていません。3試合以降のことは、クラブが判断してくれればと思います」と明言。アルディージャから伝わってくる残留への切実なる思い、それを託されたことでみなぎってくる覚悟と責任が、会見の途中で図らずも涙腺を緩ませたのだろう。

「システムを含めて、大きく変えようとは思っていません」

 ならば、短期的なビジョン、つまりはアルディージャを奇跡のJ1残留へ導く処方箋には何が描かれているのか。アントラーズを率いて4月1日に対戦し、1‐0で勝利している石井監督の目には、今シーズンのアルディージャは「チームとしての一体感が少し欠けている」と映っていた。

「一人ひとりの選手は頑張っているので、監督として私が選手たちをまとめ、引っ張っていくことが重要だと思っています。ただ、いままで戦ってきた大宮アルディージャというチームがあるので、システムを含めて、大きく変えようとは思っていません。

 選手が能力を出し切れていない部分があるとも感じていますので、そこを変えていけば新たなアルディージャの形ができていくと思っています。現場だけではなく、クラブ全体が一丸となって残り3試合を戦っていけるように、現場のリーダーとしてチームを作り直していきたい」

 現時点における総得点28はリーグワースト3位タイであり、総失点52は同2位タイ。もっとも、勝利するにはゴールを奪わなければいけない。それでも真っ先に修正を加えるポイントとして、石井監督は「守備を徹底すること」をあげている。

「守備面で全体を連動させたい。ある程度自陣に引き込んで守ることはできていると思うので、そこへもっとアグレッシブに、自分たちからアクションを起こしてボールを奪いにいく。その形は私も鹿島のときにやってきたので、このチームでも引き続きやっていきたいと思います」

 石井監督には確固たる成功体験がある。セカンドステージを戦い終えて、中断期間に突入していたちょうど1年前。川崎フロンターレとのJリーグチャンピオンシップ準決勝へ向けて、石井監督は攻撃ではなく守備を再確認させることに大半の時間を割いた。

セカントステージ4連敗からCS優勝。鹿島での経験

『フットボール批評issue18』(11/6発売号。カンゼン)ではアルディージャからオファーを受ける前の、次なるチャレンジへ向けて充電中だった石井監督にロングインタビューを行った。そのなかでフロンターレ、そして浦和レッズを連破し、8度目のJ1王者を勝ち取るまでのプロセスをこう語っている。

 おりしも当時のアントラーズはセカンドステージを4連敗で終え、最終的には6勝2分け9敗と負け越し、ファーストステージ制覇から一転して、順位も二桁の11位で終えていた。それでもネガティブな思考には「まったく陥ることはなかった」という。

「4連敗についても、例えば後半は圧倒していたとか、決定機は多く作っていたとか、内容は決して悪くなかった。記者の方やクラブ内の雰囲気はちょっと後ろ向きになっていましたけど、私自身はまったく異なる感覚でチャンピオンシップを見すえていた。

だからこそ準決勝までの中断期間で守備の組織を徹底させました。相手が川崎と浦和ということで、ボールをもたれる時間が長くなると想定して、前からプレッシャーをかけてボールを奪いにいく守備に加えて、しっかりブロックを敷く守り方も徹底的に整理したことがよかったんじゃないかと」

 守備の安定が攻撃陣にも相乗効果を及ぼし、結果としてチーム全体が好転していく。同じような経験を、石井監督は現役時代に黎明期のアントラーズでも経験している。

 開幕前に行ったイタリア遠征で、ジーコが急きょ呼び寄せ、実現させたクロアチア代表との練習試合で0‐8の惨敗を喫した直後だった。当時の宮本征勝監督(故人)に「私に指導を任せてほしい」と訴えたジーコによる、微に入り細の守備練習が幕を開けた。

常勝軍団での経験を背負いながら挑む奇跡

「連日1時間半くらい、守備の練習を繰り返しました。最終ラインの前に私を含めた3人のボランチが並ぶ形は、イタリアで出来上がりました。ジーコは『守備を徹底することがチームの安定につながる。特にリーグ戦は、守備が強いチームでなければ勝てない』と、オートマチックにコンビネーションを繰り出せるまでひたすら徹底させました」

 当時の練習を『フットボール批評issue18』でこう振り返っている石井監督は、昨シーズンのチャンピオンシップ前に課した練習とこうリンクさせてもいる。

「あのイタリア遠征を経験していなかったら、勝つためにどのようにして点を取るかという発想のもとで、もしかしたら去年も攻撃の練習を課していたかもしれない」

 自他ともに究極の負けず嫌いを認めるジーコは、負けないためにあえて遠回りする形で守備を徹底させた。その過程でジーコの立ち居振る舞いを介して叩き込まれ、いまも石井監督のなかで力強く脈打つのが「勝者のメンタリティー」だった。

「鹿島の勝者のメンタリティーは私が植えつけたのではなく、私も植えつけられてきたものですから、選手たちがそれを感じて変わってくれたらと思っています」

 就任会見前にすでに練習を初めて指導した石井監督は、アントラーズの強さの源泉でもあった、勝負に対する執着心を自らの姿を通して伝えていきたいと力を込めた。

 昨シーズンのチャンピオンシップもフロンターレとの準決勝、レッズとの決勝2戦の合計3試合を決して芳しくなかった下馬評を覆す形で制した。今シーズンも残りは3試合。トーナメントとリーグ戦の違いこそあるものの、負けが許されない短期決戦という意味では変わらない。

「攻撃ではポゼッションはできていると思いますが、時間をかける場面も多くなっているので、シンプルにゴールへ向かう形を多く作っていきたい」

 守備を安定させたうえで、速攻をより多く織り交ぜる。ヴァンフォーレとの直接対決を26日に残していることもあって、希望の二文字は絶対に捨てない。感情が高ぶり、涙するほどの覚悟と決意、そして常勝軍団での経験を背負いながら、石井監督が奇跡に挑む。

(取材・文:藤江直人)

text by 藤江直人