これが公共放送の仕事なのでしょうか?詳細は以下から。

かつて「NHKアメリカ大統領選挙」として2016年の大統領選挙についてつぶやいていたNHK国際部の公式アカウントがいつしか「NHKアメリカ・トランプ政権」と名を変え、ひたすらにトランプ政権の広報をおこなうアカウントと化していました。
NHKは日本の公共放送でありその放送内容は不偏不党、つまりはいずれの党派・主義にもかたよらず、公平・中立の立場をとることが求められています。
しかしこれまでもNHKは度々政権寄りの姿勢を示しており、先日も自民党の大学無償化の頓挫に対し、「後払いのツケ制度」を「在学中は授業料無償化」などとデマでアクロバット擁護したことをBUZZAP!でも指摘しています。

NHKはツイッター上でも安保法制に関して番組出演者の発言をねじ曲げるデマを発信したこともあり、情報発信には恣意性が見られるケースが少なくありません。問題になっていたのはNHK番組、「日曜討論」の公式ツイッターアカウントで、出演した法学者、木村草太氏の発言を真逆の意味に取られるようなツイートを行って炎上、謝罪に追い込まれています。

今回のケースは不偏不党であるはずの日本の公共放送が、アメリカ合衆国の現政権に特化した「NHKアメリカ・トランプ政権」というアカウントを持って広報としか言いようのない情報発信を続けていること。

アメリカ大統領訪日自体は極めて重要な政治的意味を持ちますし、それについて報道することは当然です。しかしこのアカウントはNHK自体の記事のリンクの掲載を除いてはトランプ大統領の一挙手一投足を垂れ流し、疑問点への指摘も論評も行いません。
例えば11月4日にはイバンカ氏が講演を散策している様子を画像付きでツイート。

そして国際空港ではなく横田基地からの入国という極めて異例の事態についても何ら指摘もしていません。

握手して天気の話題で挨拶したという、実にどうでもいい事実のみです。

トランプ大統領のこの発言は「北朝鮮の脅威を煽りながら結局兵器を売りに来たのか?」と物議を醸していますが、アカウントはトランプ大統領の言葉を広報するのみです。

ディストピア小説の最高峰とされる「1984年」を書いたジョージ・オーウェルは「ジャーナリズムとは報じられたくないことを報じることだ。それ以外のものは広報に過ぎない」という言葉を残していますが、公共放送がある政権(しかも他国の)の主張や行動を無批判に垂れ流し続けるのであれば、それはどう考えても広報でしかありません。
もちろんNHKは日本人の収める受信料によって成り立っているわけですが、いったいどういった理由からこうしたアカウント運用を行っているのでしょうか?

【NHKの米大統領選挙ツイッター公式アカウント、トランプ政権広報と化していた】を全て見る