メモは身に着ければ忘れない!手に直接書くよりオススメです【文具のツボ】

写真拡大 (全8枚)

「アイデアがひらめいたのに、メモがない!」

そんな経験はありませんか? 仮にメモを持っていても、移動中やオフィスを忙しく歩き回っているときには、取り出すのに手間取ることがあります。

そんな人に使ってもらいたいのが、腕に巻きつけて使う「wemo」というメモです。必要なときにすぐ取り出せるので、急にひらめいたアイデアや忘れてはいけないことを書き留められます。

■現場の声から生まれたウエアラブルメモ

「wemo」は、医療現場や製造現場など働く、「現場最前線のワーカー」のために開発されたシリコン製のウエアラブルメモです。腕に付けておけばとっさの際もメモとして活用できます。

装着方法は、スティック状の「wemo」を腕に当てて巻くだけ。「ちょっときついな」と思ったら、「wemo」の端を持ち上げると簡単にゆるめられます。「wemo」の形はこれでしっかりキープされ、ほどけません。

紙のメモのようにうっかり落とすリスクがないので、大事なメモをなくしたりゴミになってしまう心配がないのも魅力です。

 

■油性ペンで書き込みOK! 水に濡れても大丈夫

「wemo」には油性ペンや油性マジックでメモを書き込めます。はじめは曲面に字を書くのは難しいと思いましたが、「wemo」本体がしっかりと固い素材なので、安定した状態で書き込めました。

また、書き込んだ文字は水に濡れても消えません。これなら、手を洗ったあとも安心ですね。

▲水に濡らしても…

▲メモは消えない

普段のオフィスワークや日常生活のなかでも活用できます。仕事でやるべきタスクを書き込んでリマインダーとして使ったり、プレゼンのカンペとして使ったりと活用方法はさまざまです。

また「自分がメモした内容をほかの人に引き継ぐ」という使い方もあります。メモした内容が消えにくいので、指示を書いた「wemo」を引き継ぐ相手に渡せば、内容をしっかり確認できます。

本体の下の部分に日付を書き込む欄もあるので、いつ書かれた指示か確認することも可能。「これ、いつの指示だっけ?」「引き継ぎがうまくできていない!」という悩みをお持ちなら、「wemo」を使ってみるのもよいでしょう。

 

■書いた文字は指でこすって消せる

「wemo」に書き込んだ文字を消すには、指や消しゴムで文字をこすればOK! ペンの種類や太さ、筆圧によってはうっすら跡が残ることもありますが、上から新しいメモを書き足す分には問題ありません。これなら、「書くスペースがない!」という事態も防げますね。

▲メモを指でこすると…

▲消すことができる

 

■販売は11月下旬から!

「wemo」は全部で3タイプあります。ひとつは、ここまで紹介してきた書いた文字を「消せる」タイプ。ほかのふたつは、バンドにシールを貼って使う「貼れる」タイプと、肌に直接シールを貼って使う「隠せる」タイプです。

「消せる」タイプの販売は11月20日以後を予定。販売価格は1296円です。「貼れる」タイプと「隠せる」タイプの販売は年内から来年初旬を予定しています。

>> 「wemo」

 

(取材・文/神戸紅実子)

かんべくみこ/エディター、ライター

編集プロダクション「ゴーズ」に所属。”平成生まれ昭和育ち”ながら、スマホやアプリに関する記事を若者文化に乗り遅れまいと執筆中。東横線ユーザーだが、ときどき中央線沿線にも出没する。