【ホーチミン聯合ニュース】韓国の産業通商資源部と大韓貿易投資振興公社(KOTRA)がベトナム・ホーチミンで8日、韓国の消費財やサービスと韓流をPRするイベント「韓流博覧会」を開催した。10日まで。韓国企業100社が参加し、ブースを運営するほか海外バイヤーと商談を行う。

 同博覧会は韓国ドラマやK―POPをきっかけに、化粧品、食品、ゲーム、教育など韓国のさまざまな製品・サービスに関心を持ってもらうことが目的。今年、台湾、香港、インドネシアでも開催された。

 ベトナムはここ10年間、年平均6%を超える高い成長率を記録しており、平均年齢も30歳以下と低く、中国に続く有望な消費市場として注目を集めている。

 博覧会ではベトナムで人気の高い女優のソン・ジヒョさんが仮想現実(VR)映像を用いて韓国のファッションや美容製品を紹介。また、同じく現地で人気の男性グループiKON(アイコン)が開幕公演を行った。