【詳細】他の写真はこちら

島本和彦原作の伝説の漫画『炎の転校生』(小学館刊)を現代に甦らせ、ジャニーズWESTメンバー全員を主演に迎えたNetflixオリジナルドラマ『炎の転校生REBORN』の配信開始日が、11月10日に決定。全8話が世界190ヵ国で同時配信される。

11月7日、本作のワールドプレミアが東京・LUMINE 0にて開催され、主演のジャニーズWEST(重岡大毅、桐山照史、中間淳太、神山智洋、藤井流星、濱田崇裕、小瀧望)、ヒロインの川島海荷が、個性溢れる劇中衣装の制服姿で登壇。滝沢昇校長(マネキン)も登場した。

【当日レポート】

第1話の上映が終わると、詰めかけた160人の観客の興奮が渦巻く会場内の照明が落とされ、会場のボルテージがいきなりマックス状態に。突如ステージにシルエットが浮かび上がると、会場に流れる音楽もかき消されるほどの大きな歓声が響き、幕が落とされると、そこには本作で7人のカケルを演じるジャニーズWESTの7人が! 劇中衣装とオリジナルポーズで登場し、ヒロインの日花里役の川島海荷の姿も。まさかの劇中衣装での衝撃的な登場となり、同じく制服姿で駆けつけた観客は大興奮となった。

7人の転校生とヒロインのキャラクターの紹介のあと、8人がそれぞれ挨拶。重岡は「見てのとおり、周りがぶっ飛んだ役ばかりの中で普通の役だったから、俺がおかしいんかもって思ってたけど、(客席をみて)俺の制服間違ってなかったんやな」と語り、場内から笑いが起こる。すかさず桐山も「俺の恰好なんて、少し前の時代の学生服ですよ! 見て、襟元だけ地味に学生服」と観客に見せ、場内からキャーという声援が起こった。

神山は「極めてキュート、そしてさらにプリティなボーイ、カミヤマ駆を演じました」と決めコメントを言うと「いい慣れてないやん!」とメンバーから総ツッコミを受けつつも、「見てわかるとおり、すごく特徴のある頭をしておりまして。監督がすごく力を入れて考えてくださった役で、キャラもすごく濃いですし、今後話が進むにつれて、二面性が出てくる面白い役なので、ぜひ観ていただきたいな」と役柄について思いを語った。

金髪ロン毛姿の藤井は「僕の役はビジュアルですね、半年ぶりにやったわけですけど、自分でブスやなって思って、淳太にブスじゃない? って聞いたんです。そしたら全然ブスじゃないよって言ってくれて、じゃあカッコいい? と言ったら、カッコよくはないと言われ、かなり複雑な気持ちになりました。でもこの作品、ジャニーズイチぶっ飛んだ作品になっているんじゃないかなと思います。あとは僕のキメ技、シャイニングウィンクが何パターンも出てくるので楽しみにしてくださいね」とコメントした。

一方、濱田は、「皆さん、1話を観たんですよね、2話からもっと面白くなると思うんで早く観てほしいですね」と言うと、桐山から「それ、さっきみんなで言うた! デジャブが早すぎ」とツッコミが。続けて「あとね僕、皆さんが観ているとき楽屋まで声が聞こえてきたんです。リアクションめっちゃ面白いかった!」と真面目にコメントした。

自前のリーゼントで登場した小瀧は「メイク時間にいちばん時間のかかったコタキ駆です。リーゼント自前なんですけど、こんなに熱くて青春感の強くてギラギラした、くだらない作品を全世界に届けられることに感動しております」と3日後から配信される本作への想いを語った。

また、紅一点の川島は、客席を見渡し「本物の学生さんですよね、学生服大丈夫ですかね? ジャニーズWESTさんの個性が強かったので、埋もれないように試行錯誤して撮影に挑みました」と撮影を振り返った。

そして本作のオファーを受けたときの感想を聞かれた桐山は「ジャニーズWEST7人でひとつの作品に出られるというのはうれしかったです。みんなで台詞合わせを何度もしたのは印象的でしたね」と答え、川島も「最初お話いただいたときは、心配というか、勢いに負けそうだなと不安でした。また学園ドラマが久しぶりで制服が心配だったのですが、現場に入ったら意外と大丈夫だなと思いました(笑)。李監督は、アイデアがすごくて、第1話の撮影では、当日現場に行ったらポールダンスの先生がいて、ポールダンスをすることになったんです。サプライズが多い監督でしたね」と語り、藤井は「僕の初主演ドラマも李さんで、そのときも金髪ロン毛だったんですよ。だから金髪ロン毛が役選びの基準なのかもしれないですね(笑)」と語り、会場の笑いを誘った。

さらに、会場内に「炎の転校生」原作者である島本和彦先生も来ていることを知らされた小瀧は「壇上にいる僕らよりもキャラ濃いですからね! こんな客席から舞台上に普通に話しかける人いないでしょ。それくらい熱い、真の炎の転校生なんですよ」と盛り上げた。

最後に重岡は、「ジャニーズWEST全員で主演しました!  Netflixで場所を選ばずどこでも観られるので、ダウンロードして何回も何回も楽しんでみてもらえればと思います」とイベントを締めくくった。

イベント終わりに登場した島本先生は、ハイテンションでフォトセッションに応じたあと、Netflixでドラマ化されることについて、「なんで30年前の作品を取り上げてくれたのかと。純粋にうれしいですけどね。でも僕のファンも、なぜ、今頃という思いがあると思うから、その向かい風を受け止められるかなと」と胸中を語りつつ、ジャニーズWESTのメンバーについては「ライブに伺ったんですけど、すごく爽やかで、おもてなしがすごいなと思いました。ひとりひとりが目が合うところまで来てくれて、重岡君と目が合ってうれしかった!」とコメント。

続けて本編については「一人ひとりのキャラクターが立っていて、ジャニーズWESTってすごいなと思いました。作品観たらこういう子なんだと覚えちゃう。いいシーンとああ! って思うシーンが立て続けにくる感じが面白い。でも原作者的にはひとつだけ許せない場面が7話にありましたね(笑)」と笑いを誘った。

さらに、島本先生によるドラマ配信を記念した新作読み切り『炎の転校生REVOLUTION』について、「『炎の転校生REVOLUTION』の前編は、配信前に書いたからネタバレはしちゃいけないと思ってたけど、後編は全部観た人用に見どころを全部盛り込んで、どのキャラクター押しの人でも楽しめる作品になってます!」とハイテンションで締めくくった。

番組情報



Netflixオリジナルドラマ『炎の転校生REBORN』

11/10(金)Netflixにて全世界独占配信

主演:ジャニーズWEST(重岡大毅、桐山照史、中間淳太、神山智洋、藤井流星、濱田崇裕、小瀧望)

原作:島本和彦「炎の転校生」(小学館「少年サンデーコミックス」刊)

監督:李闘士男

(C)Kazuhiko Shimamoto, SHOGAKUKAN/ J Storm Inc.

『炎の転校生REBORN』作品サイト

http://www.tenkousei-netflix.jp