リリー・フランキー、『刑事ゆがみ』第5話にゲスト出演 「にぎやかし枠によんでもらえて光栄」

写真拡大

 リリー・フランキーが11月9日22時より放送される木曜劇場『刑事ゆがみ』(フジテレビ系)第5話に出演することが発表された。

(参考:神木隆之介の童貞キャラが微笑ましいワケ 大人になった“国民的息子”の今

 同ドラマは、『ビッグコミックオリジナル』にて連載中の井浦秀夫の同名コミックが原作の刑事ドラマ。“何でもありの天才適当刑事”弓神適当と“出世欲に燃える腹黒刑事”羽生虎夫による“最強バディ”が、現代社会のゆがみを見抜き、埋もれかけた真実をあぶり出す姿を描く。弓神役を浅野忠信、羽生役を神木隆之介が演じている。

 今回リリーが演じるのは、どこかあやしげな男・通称マリッチ。言葉巧みに人の心を操る詐欺師役として、弓神や羽生と対峙する役どころ演じる。また、第5話には、すでに発表されている板谷由夏、木下ほうか、丸山智己らもゲストとして出演する。

■リリー・フランキー コメント

・浅野、神木と共演した感想浅野さんとはバンド活動でご一緒したことしかなかったので、お芝居させていただき、本当に楽しかったです。浅野さんの包容力というか人間力が素晴らしくて、演技しながらも普通に“弓神に笑わされている”状態でした。神木さんとは仕事よりプライベートで会う方が多いと思います。僕の原作ドラマで、僕の幼いころを演じてもらったんですが、大人になったなーと思いつつ、いい意味でずっと変わらないですね。

・どのように演じたか西谷監督からはテストに入る前に“井上陽水さんみたいな感じで演じて”と言われました。実は、陽水さんや監督たちとたまに麻雀をすることがあるのですが、陽水さんがふとした瞬間にみせる“ちょっと相手を言いくるめる感じ”を想像しながら演じました。

・メッセージにぎやかし枠によんでもらえて光栄です(笑)。監督とは飲み屋でしか会わないので、働いているところを見るのも見られるのも恥ずかしかったです。とにかく楽しく撮影させていただきましたので、ぜひご覧下さい。

(リアルサウンド編集部)