新潮社

写真拡大

私たちは人生の中で、たくさんの人と出会います。親友と呼べるような人との出会いが、どこにあるのかは分かりません。

大家さんと住人が、驚くほど仲良くなった実話漫画をご紹介します。

大家さんと仲よくなった、矢部さん

お笑いコンビ『カラテカ』の矢部太郎さんが描いたコミックエッセイ『大家さんと僕』は、「笑って泣ける」と大人気!

『小説新潮』に連載されていた15回分に、書下ろしの50ページを加えて書籍化されました。

【内容紹介】

住んでいたマンションの更新を拒否された、矢部太郎さん。次に住む部屋を探し、東京都新宿区の外れにある一軒家の2階に引っ越します。

すると1階には、いままで矢部さんが会ったことのないような、上品な大家さんが住んでいました。

39歳の芸人と、87歳の大家さん…年齢も育った環境も違う2人が、交流を重ねていく姿に、心温まります。

矢部さんの干した洗濯物が濡れそうになると、勝手に部屋に入って、洗濯物を畳んでおく大家さん。一人暮らしなのに、まるでおばあちゃんと生活をしているかのようです。

最初は、大家さんの心遣いにとまどっていた矢部さんでしたが、次第に交流を楽しむようになっていきました。

ついには、心の壁がなくなって、一緒に旅行を楽しむ仲にまでなります。

柔らかなタッチで描かれる、大家さんと矢部さんとの日常生活…相手を思いやる姿に、多くの人が癒されています。

可愛らしい2人!優しさと、温かさと愛にあふれてる…。矢部さんが、こんな人柄だったなんて知らなかった。ずっと読んでいたい!

『大家さんと僕』を、動画でもご紹介しています。最後は衝撃的な展開に…。

大家さんの入院で、2人のかけがえのない日々は、どうなってしまうのでしょうか。続きは、単行本をご覧ください。

また、『大家さんと僕』のウェブサイトでは、漫画を第3回分まで読むことができます。

興味を持った人は、覗いてみてくださいね!

ウェブサイト:矢部太郎『大家さんと僕』

Amazon:新潮社 矢部太郎 著 『大家さんと僕』

[文・構成/grape編集部]