スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(www.iphonejoshibu.com)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。

第13回目のお悩み:毎月のスマホ代が高いので、格安スマホを検討していますが、いまいち仕組みがよくわかりません。詳しく教えてください。

まずは、今使っているスマホの使用料金を見直してみましょう。

格安スマホや格安SIMという言葉は聞いたことがあっても、その仕組みをきちんと理解している女子は少ないかもしれません。「格安スマホに乗りかえれば、月々のスマホ代が安くなる!」と人から聞いても、そのものをよく知らないままでは、乗りかえることもできませんよね。そこで今回は、格安スマホに少しでも興味のある女子に、日本一やさしく、そしてわかりやすく解説します!

「格安SIM」や「MVNO」って何?

これまで、スマホを購入するには、docomoやau、SoftBankの大手キャリアと契約して、各キャリア専用のSIMを使用してきました。SIMとは、小さなSIMカードのことで、スマホ本体の中に入っています。このSIMは各キャリアによってロックされているので、それを勝手に入れ替えて使うことはできないのです。

SIMカードは契約時、ショップで差し込まれた状態で渡されます。

これまで、当たり前のようにキャリアで契約してきたわけですが、キャリアの料金プランは高い! そこで、ここ数年で注目されるようになったのが格安SIM。その名の通りに、キャリアよりも安く利用できるのが特徴です。

格安SIMを利用するには、MVNO(仮想移動体通信事業者)と契約をします。MVNOとは、UQ mobileやY!mobile、mineo、BIGLOBE、LINE MOBILEなど、CMでよく目にする事業者のこと(※UQ mobileやY!mobileは、大手キャリアのサブブランドと呼ばれます。Y!mobileは、正式には移動体通信事業者・MNOになります)。MVNOがどうして安くサービスを提供できるかというと、大手キャリアのdocomoやau、SoftBankから通信回線を借り受けてサービスを提供しているからなんですね。このMVNOが販売しているスマホを格安スマホと呼びます。

MVNOはMobile Virtual Network Operatorの略です。

たくさんのMVNOから1社を選ぶのはなかなか大変そうですが、Webで比較診断をすることもできるので、それを活用するのも手。それぞれの料金プランやサービスを比べたうえで、自分に合った1社を選ぶのがいいですね。

さらに、2015年からはSIMロック解除が義務化されたことで、キャリア契約のSIMも解除することができるようになり、MVNOを選んで安くスマホを利用することができるのです。

76%の女子がMVNOを知っている、利用していると回答。

女子部JAPAN(・v・)のすっぴん調査では、MVNOについて知っているかどうかを調査。その結果、76%の女子がMVNOを知っていて、そのうちすでに利用している人が9%いました。MVNOという言葉自体は、かなり知られていることがわかります。

格安スマホを利用するには、どうしたらいいの?

MVNOの選び方は、比較サイトなどを活用するのもおすすめ。

格安SIMへの乗りかえには、3つの方法があります。

(1)MVNOが販売している格安SIMとスマホがセットになった格安スマホを買うこと。この場合、各MVNOによって購入できる機種は限定されてしまいますが、一番スムーズで簡単です。

(2)今使っているスマホをそのまま使って、契約だけをMVNOに変える方法。格安SIMは通信回線をキャリアから借りているので、使っていたキャリアと同系統の事業者を利用する場合は、ロックを解除しなくても利用できる場合が多いです。そのまま使えない場合は、現在のキャリアでSIMロック解除の手続きをします。ただし購入から6か月が経過していることや、SIMロック解除機能を搭載した機種であるかなどの確認が必要なので、まずはキャリアのサイトやショップで確認を。

(3)SIMフリー版のスマホを購入して、MVNOと契約する方法。たとえば、iPhone 8や8 PlusのSIMフリー版を購入すれば、最新機種でも格安SIMを利用することができます。

スマホの機種にはそこまでこだわらない人は,髻∈使っているスマホを継続して使いたい人は△髻∈膿卦ー錣篌分の好きな機種でスマホ代を安くしたい人はの方法をとるのがおすすめですね。

格安スマホに乗りかえるには、注意点も!

格安SIMの特徴を知ったうえで、MVNOを選んでみましょう。

格安スマホには通信料などが安くなるというメリットが大きいですが、そこには少し気をつけなくてはいけない点もあります。

たとえば、これまで使っていたキャリアメールは使えなくなります。また、通話料も高くなります。しかし、メールも通話もLINEを使えば、ほとんど問題はないでしょう。ただし、格安SIMの場合はLINEのID検索はできないのでご注意を。ほかにも、持ち込めるショップが少なかったり、iPhoneの場合はアップデートすると、プロファイルを新しく設定しないと使えないなど、キャリアのときとは違う点もあります。

ひとつ気をつけたいのが、電波の問題。自宅やオフィスの環境によって、電波が弱いキャリアというのがあるかもしれません。自分が選んだMVNOが、どのキャリアの回線を使っているかを確認して、自宅などよく使う場所の電波状態がよいキャリアを利用しているMVNOを選ぶのがおすすめです。

格安SIMは、契約するデータ通信量が少ないプランだから安いという場合もあります。普段からWi-Fi環境で利用する人であれば問題ないですが、外でもスマホをよく使う人であれば、通信量は自分の使い方に合った容量に設定するのが大事ですね。

☆☆☆ 

いかがでしたか?

SIMやMVNOなどの難しい単語が出てくると、急に難しく感じて敬遠してしまう人もいるかもしれません。でも、まずは自分がどのように使うのかを考えたうえで、格安SIMにするか、キャリアのままで利用するかを考えましょう。そのうえで、自分の納得のいくMVNOを探してみるのがいいですね。

まずはこちらの記事から、自分のスマホ代が高いの、安いのかをチェックしてみましょう!

 文/女子部JAPAN(・v・) 内田あり