眉毛の描き方1.上側のラインを引く

写真拡大

【写真を見る】眉毛の描き方2.下側のラインを引く

アムロちゃん全盛期を知る世代に多い、細眉。今も引きずっていませんか。そのせいで、レトロで老けた印象を与えていることも。イマドキの、ちょい太ナチュラル眉をマスターして若々しい印象になりましょう!

 

■ 【HOW TO 眉毛の描き方】

眉山クッキリの「いかにも描きました」という眉はもう卒業! ナチュラルな仕上がりを目指して、描いたあとはぼかして。立体感の出るパウダーやマスカラで、自然な毛の流れを生かしましょう。

 

●1.上側のラインを引く

自分の眉のラインに沿って、上側を細めのペンシルで薄く描きましょう。眉山は強調せず、なだらかなラインに。

 

●2.下側のラインを引く

下側も眉のラインに沿って描きます。太めにしたいときは、下側だけを足し、目と眉の距離が狭くなるように描いて。

 

●3.ラインの内側を塗る

1、2で描いたラインの内側を色で塗るようにしてパウダーをのせます。眉山→眉じり→眉頭の順にのせると好バランスに。

 

●4.ブラシでぼかす

1、2で描いたラインをブラシでぼかします。省くと張りついた感じの「のり眉」になりがちなので忘れずに。