画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●Enterprise Cloudのポイント

仮想化専用ストレージ「Tintri VMstore」を展開するティントリは9月20日、スケールアウト型のオールフラッシュストレージの新シリーズ「Tintri EC6000 オールフラッシュシリーズ」を発表した。そこで、これに合わせて来日した米TintriのCTO & Co-Founderのキーラン ハーティ氏に、同社の今後の戦略について話を聞いた。

フラッシュファーストや自動QoS、VM-Awareなどさまざまな独自のコンセプトと技術で、仮想化専用ストレージ市場をリードしてきたティントリ。そうしたティントリの技術開発を統括するのが同社の共同創業者であり、CTOであるハーティ氏だ。

ハーティ氏は、ティントリを設立する以前は、VMwareの研究開発部門副社長としてESX Server、vCenter、VMwareのデスクトップ製品などの製品開発の責任者を担当した。VMware以前は、TIBCOでチーフサイエンティスト、Visigenic/Borlandで研究開発部門の副社長を務めている。トリニティ・カレッジ・ダブリンでコンピュータサイエンスの修士号、スタンフォード大学で電気工学の博士号を取得した根っからの技術屋だ。ティントリ独自のコンセプトの数々は、彼の頭の中から生み出されてきたものだ。

9月20日に発表された新製品「EC6000シリーズ」は、オールフラッシュのT5000シリーズ、ハイブリッドモデルのT800シリーズに後継にあたる。ECシリーズのECは、Enterprise Cloud(エンタープライズクラウド)を意味しており、パブリッククラウドと同じ俊敏性や拡張性を企業のデータセンターで提供することを目指している。

新製品発表の会場でハーティ氏は、Enterprise Cloudを構成する4つの柱として「Autonomous Operation(自律運用)」、「Analytics(分析)」、「Automation(自動化)」「Self-Service(セルフサービス)」を挙げ、今後のデータセンターの将来像を示した。

記者発表の翌日には、ユーザーイベント「Tintricity 2017 Tokyo」を開催し、ハーティ氏自らがその先のビジョンと、新機能をロードマップも解説した。その将来像に向けてティントリはどんな新機能や機能強化を図っていくのか。ユーザーイベントで明かされた情報を含め、ハーティ氏に行ったインタビューの内容をお届けしよう。

○Enterprise CloudのポイントはAPI

--あらためて、Tintri製品の強みは何なのかを教えてください。

ストレージがVMを認識するという点が最大の強みです。市場には、EMCやNetAppのようなトラディショナルベンダーと、Pure StorageやNimble Storage(HPE)のような新興ベンダーがいます。ただ、いずれにしてもLUNやボリュームといった昔ながらの管理体系にこだわっています。

コンピューター、ネットワーク、ストレージはかつて物理環境で管理していました。今はネットワークもVMware NSXで仮想化できますし、ストレージもそうです。すべてが仮想化されているのに、他社はかつてのように物理的な管理体系を持ったストレージを仮想化されたサーバやネットワークにつないでいる。そこが大きな違いです。

技術的な強みという点では、アナリティクス、オートメーション、QoS、セルフサービスといった機能が他社との差別化のポイントになっています。

--ユーザーがEnterprise Cloudを実装していく上でのポイントは何でしょうか?

*Enterprise Cloudとは、パブリック クラウドと同じ俊敏性や拡張性を提供するように設計された、企業のデータセンターに設置されるクラウド インフラストラクチャのことで、同社はこの分野に注力すること明らかにしている。

大きなポイントはAPIです。Amazonのジェフ・ベゾス氏はかつて、プラットフォームで成功する最大の要素の1つにAPIの公開を挙げました。エンタープライズストレージもそうです。APIによってさまざまなWebサービスをシステム上にインプリメントできなければ、現状のエンタープライズ環境をサポートしていくことは不可能です。EMCやNetApp、Pure、Nimbleは、APIによるインプリメントに完全に対応できていません。

APIがなければ人が手で対応しなければなりません。例えば、VMのスナップショットからレプケーションして適切なQoSをVMに設定したいとします。もし、20個のVMについてスナップショットを取ってレプリケーションしてQoSを設定する作業をAPIを使わずに行っていたら、管理者は悲鳴を上げてしまうでしょう。

--TintriはいちはやくNVDIMMに対応してインライン重複排除・圧縮の効果を高めるなど、ハードウェア面での優位性があったように思います。しかし今は、アナリティクスやAIチャットボット対応など、ソフトウェア機能の進化が著しいと感じます。今後もソフトウェアの強化に注力するのでしょうか?

そうですね。今はソフトウェアエンジニアとハードウェアエンジニアの比率は9:1です。良いハードウェアを開発することは性能や信頼性確保で重要です。ただ、サービスの価値を高めるのはソフトウェアです。スマートフォンがそうです。ハードウェアは重要ですが、よりバリューを出すためにはソフトウェアの力は欠かせません。もちろんハードウェアはお客さまの要望を聞きながら、より良いものを作っていきます。ただ、これから我々が注力するのはソフトウェアです。

●来年、AIを搭載

--現在、AIが注目されていますが、今後、AIを導入する予定はありますか?

Tintriが目指すのは、Storage as a Serviceのような世界です。それを実現するキーの1つがAIです。例えば、スマートフォンを使ってストレージに「IOPSはどのくらい?」と問いかければ「3万IOPSです」などと答えてくれる。単なるステータスの報告だけではありません。「VMが遅いんだけどどうすればいい?」と聞けば「ストレージ領域を広げればいいですよ」と答えてくれます。トラブルシューティングやビジネスプランニングに利用できるようになるのです。

現在は、Slackを使ってそうした新しい管理方法のテストを続けています。実際に動いていて、2018年の第1四半期には正式にリリースできる予定です。AIについてはもう1つ、自己診断への活用を進めています。Tintriが自分で自分を診断して、障害を予測したり、ビジネスプランの提案を行ったりするようになります。ですから、開発の視野はストレージを超えたところでも向かっているということです。

--最近は仮想化にほかに、Dockerなどのコンテナ技術も注目されています。Tintriは今後、コンテナにも注力していくのでしょうか?

今回も、Amazon S3へのバックアップ、ストレージに加えてコンピューティングリソースまで含めたアナリティクス、クオータ管理、コンテナ機能のTechPreviewなどを発表しました。

なかでも、コンテナは最も重要なテクノロジーの1つです。現在VMでサポートしている機能のすべてをコンテナ環境でサポートする予定です。すでにVMware上にインテグレートされたコンテナ(VMware vSphere Integrated Containers)とは会話できるようになっています。まず2018年第1四半期にベアメタル環境のネイティブのコンテナと話せる機能をベータ提供する予定です。

ただ、実際にユーザーの話を聞くと、コンテナ市場はまだアーリーステージにあります。VMwareの取り組みやOpenStackの取り組みなどを見ながら、製品を着実に作っていく予定です。

--NVMeなどへの対応はどうですか?

私の下にチームを作って対応を検討しています。ただ、商用化にはまだまだ多くの時間がかかるという印象です。性能、信頼性、導入意欲のどれも機が熟していません。サーバ側のSCSIがNVMeに変わることはあるかもしれませんが、ストレージのFCがNVMeに早急に移行するということはないでしょう。

--いま一番興味深いテクノロジーは何でしょうか?

ストレージ分野で一番深いのはTintriですよ(笑)。それ以外で、というのなら、パブリッククラウド環境とのインテグレーションに興味を持っています。Amazon S3やIBM Cloud Object Storage、Azureなどとつなぐことがそうです。

我々が持っている根源的な疑問は「人々はストレージをどう使いたいと思っているのか」です。人々は一企業では手に負えないような巨大データを効率的に取り扱うためにパブリッククラウドを使いたいと考えるようになった。だから今回、S3などと接続できるCloud Connectorを提供したのです。これからも、コストエフェクティブでより生産性が上がるものを技術的に提供していきます。私の興味関心もそこにあります。

--日本のユーザーの声を聞いて、機能強化しているそうですが、実際にこれまでどんな機能に反映されていますか?

リアルタイムにデータを複製するSynchronous Replicationがそうです。米国ではそれほどニーズがなかったのですが、ビジネス拠点が地理的に狭い日本や欧州では、100km圏内でデータを複製したいというニーズが高かった。それで対応しました。マルチテナンシーのクオーター管理もそうです。日本ではサービスプロバイダーが多く、クオーター管理の要求が高かった。それで対応しました。

--今後の新機能のロードマップを教えていただけますか。

2017年第四半期に対応するものとしては、EC6000シリーズでのドライブ単位での拡張、Tintri VMStoreのUIと管理ツールTintri Global Center(TGC)の画面の統合、TGCでの複数システムの一括アップデート、TGCでの統計情報のリアルタイム表示などがあります。

また、2018年の第1四半期に対応するものとしては、Synchronous Replicationの自動フェイルオーバー機能、FIPS 140-2暗号化への対応、AIによる自然言語を使ったセルフサービス機能、コンテナ対応、アナリティクスの強化、S3 Connectorの強化などがあります。

自然言語でのTintriを管理できるようになれば、コマンドもAPIもUIすら知る必要がなく、VMをデプロイできるようになります。エンドユーザーが気軽にデプロイできるシステムを作ろうとしています。

2018年第2四半期以降では、データベースに特化したTintriストレージを提供しようとしています。Tintriが持つすべての機能がデータベースに対応し、データベースの認識、可視化、スナップショット、レプリケーション、クローン、QoS、パフォーマンスのアイソレーションなどを実行できるようします。最初にサポートするデータベースはSQL Serverになる予定です。また、データベースだけでなく、ファイルベースのTintriやSMB向けTintriも今後発表していこうと思っています。

ありがとうございました。