「ビズラ」という犬を知っていますか?ハンガリー原産のビズラは別名「ハンガリアン・ポインター」とも呼ばれ、ハンガリーが誇る狩猟犬なのだそう。今回はそんなビズラについて特徴や性格、飼い方をご紹介します。

ビズラの特徴と性格

ビズラにはゴールデンラストと呼ばれる赤褐色をおびた金色の短く滑らかな被毛が密集して生えています。これらの短く密集した被毛は、悪天候から体を守る役割を果たしてくれます。また、被毛は下毛がないシングルコートなので、体臭が少ないといわれます。目と爪の色も被毛の色と近く、赤みがかった鼻を持ちます。

一見、華奢にも見える細身のビズラですが、実際には筋肉質でがっしりとした体つきの中型犬です。また、耐久力にも優れ、狩猟の際にはそのスタミナと俊足を生かして活躍することができます。狩猟の際には鳴き声で獲物の位置を飼い主へ知らせる「ポインター」としてのみならず、撃ち落とした獲物を回収する「レトリーバー」としても力を発揮します。

なお、見た目が似ているローデシアン・リッジバッグやワイマラナーとの見分け方として、これらの犬種よりも小柄で細身であることと、目、爪、鼻の色が赤茶褐色であることで見分けることができます。

遊び好きで人懐こく、愛情深い性格のビズラは、見知らぬ人ともすぐに仲良くなることができます。特徴として、寂しいときやストレスがかかっているときは、鳴き声や遠吠えなどの「声」によって自己主張する傾向があります。

ビズラの歴史

狩猟犬として優秀なビズラですが、祖先犬は約1000年前の中世に中央ヨーロッパを遊牧していたマジャール族が連れていた犬だといわれています。このマジャール族が現在のハンガリーへ移住したのち、ビズラの祖先犬もハンガリーに落ち着くことになったという説があります。当時のハンガリーでは狩猟の際に獲物の場所を知らせ、追跡し、回収までできるような万能犬を求めていました。そのためビズラはまさに理想的な狩猟犬だとして、将軍や男爵など広く好んで飼育されていたそうです。

また、第一次世界大戦の際には、軍でメッセンジャー犬として活躍していた記録が残っています。しかし、他の犬種と同様に戦争の煽りを受けて絶滅寸前まで数が激減してしまいます。更に第二次世界大戦中のハンガリーでは、ロシアの占領から逃れるためにビズラを連れてヨーロッパ諸国やアメリカに散らばっていきました。その後、世界に散らばっていたビズラはその高い能力が評価され、1960年にAKCに認定されることになりました。 そこからは順調に愛好家を増やしていき、現在ではハンガリーはもちろんアメリカの一般の家庭でも飼育されるようになりました。

ビズラの飼い方

ビズラはその優れた運動能力からも想像できる通り、かなりの運動量を要します。歩くだけの短い散歩では満足しないため、ジョギングや広い空間で思い切り走らせる時間が必要です。また、泳ぎも得意な犬種のため、犬用のプールなどで遊ばせましょう。

ビズラは優れた狩猟犬であるゆえに、仕事をこなすことに喜びを感じる犬種です。体力だけでなく、知力も使った遊びを取り入れましょう。その点、アジリティスポーツに向いているといわれています。

被毛のお手入れはブラッシングを時々して、抜け毛を取り除く程度です。屋外で飼育する場合は温暖な地域であり、屋内と行き来できるような環境が望ましいです。寒い日は屋内に寝床を作ってあげましょう。また、家族の愛情が常に必要な犬種のため、できれば屋内での飼育がすすめられています。長時間留守が続くような家庭での飼育はできません。

まとめ

その優れた運動能力と知力から、ハンガリーでは万能な狩猟犬として長く愛されてきました。狩猟犬としての力を発揮する一方、大変愛情深いとった面も大きな魅力です。日本で飼育するには十分な生活環境を整えてあげるのが難しいかもしれません。しかし、生活環境と飼い主さんの知識が揃えば、大変優秀なパートナーとなってくれること間違いありません。