「十月革命」を描いた有名な絵。100年後の今、ロシア革命の解釈は劇的に変わってしまった(提供:TopFoto/アフロ)

1917年10月25日(新暦では11月7日)、ロシアの首都で労働者や兵士による武装蜂起が起きた。ロシア革命(十月革命)である。それからちょうど100年の節目を迎えたわけだが、ほとんど語られることはなく、すっかり忘れ去られた感がある。

いつの時代にも、歴史を規定するのは現在である。客観的歴史などというものなどない。事件を巡る解釈の変化は、いくらでも行われる。しかし、ロシア革命の場合は、たんに解釈が変わったというレベルではない。「無意味な革命」として歴史から抹殺されようとしているのである。

なぜ、ロシア革命が歴史から抹殺されようとしているのか。そのことについて考える前に、1789年のフランス革命の解釈の変化について述べていく。実は、「フランス革命の解釈の変化」と「ロシア革命の歴史からの抹殺」は密接に関係しているからだ。

フランス革命は民衆革命に変わった

奇しくもベルリンの壁が崩壊する1989年、フランス革命200年記念の式典がフランスでは華やかに開催された。そして、このきらびやかな式典の脇で、フランス革命を専門とする学者による地味な会議が開かれた。

会議のテーマは、フランス革命をめぐる解釈の見直し。この会議によって、これまで信じられてきた解釈が大きく変わった。それまではブルジョワ(市民)革命説であったが、自由を求める革命、近代的個人の確立を目指す革命説へと変わったのである。

個人が身分制から解き放たれて自由の身になることは、絶対王政が近代的官僚制に変化し、政治が民衆のものになることを意味する。近代国家が成立し、中央集権によって政治システムが機能することにも繋がる。フランス革命はその意味で、「ブルジョワだけ」ではなく「民衆全体」による自由の確立であったとされたのである。

しかしこうした言説の背景には、1968年五月革命の解釈の変化があった。五月革命は、発生当時には学生や労働者による社会革命運動の一つとして捉えられていたのが、それが新しい資本主義社会に移るための自由を求める運動と解釈され始めたのだ。ここでいう新しい資本主義社会とは、洗練された資本主義、あらゆる旧い慣習から解き放たれた自由と平等(競争の自由、機会の平等)を意味する。いいかえれば、シカゴ・ボーイズたちが唱える新自由主義革命と一致するものとして解釈され始めた。

五月革命が自由を求める革命であるとすると、フランス革命への解釈も連鎖的に変わっていく。フランス革命も自由を求める革命だとすれば、1871年のプロレタリアート独裁政権「パリ・コミューン」やロシア革命のような平等を求める社会主義・共産主義運動は、フランス革命とまったく共通点をもたなくなるのだ。

いやそれどころか、ロシア革命は、自由を求める革命に対する反革命のようにも見えてくる。ロシア革命が意味をもつとすれば、せいぜい後進国が先進国に変わるためのテイク・オフ(離陸)のひとつとしての意義にすぎなくなる。

フランス革命がブルジョワ革命であり、それがブルジョワ的自由、すなわち富裕層の私的所有を守る自由を実現したものであるならば、それによって生まれた民衆の貧困を救うための平等を求める声は、自然に生まれるはずである。その革命を実現しようとしたのが、19世紀の社会主義者たちであった。

しかしフランス革命は、富裕層の私的所有の保護ではなく、一般民衆のための私的所有の自由を保障したものであれば、一般民衆がそれに対して不満をもつこと自体がおかしくなってしまう。民衆にも、私的所有権を獲得できる自由が与えられたのであり、その自由に対して声をあげることは、筋違いとなる。

社会主義・共産主義運動は「反革命」になった

フランス革命が自由を求めるものであれば、その後に続く平等を求める声、社会主義・共産主義運動の声は、すべてが反革命のように見えてくる。そのことを示すべく、ロベスピエールによる恐怖政治が持ち出される。自由を求める声は一人の独裁者によって封殺されたのである、と。だからフランス革命は、ロベスピエールが出現して、反革命になったのだと喧伝される。

ロベスピエールが、行き過ぎた自由を抑制するために国家統制を行ったことは、すべて反自由、反革命といったマイナス・イメージで捉えられた。そうなるとパリ・コミューンやロシア革命も、ロベスピエールと同じ流れに位置づけられるようになる。資本主義の行き過ぎた自由、それが引き起こす不平等に対して国家が統制すること、それが社会主義であるとすれば、社会主義はロベスピエールの恐怖国家のように、自由に対する不自由、自由主義に対する全体主義を意味することになる。人類の進歩が自由にあるのであれば、全体主義はそれに対する退歩である。

となると、社会主義・共産主義運動の歴史は退歩の歴史になる。1989年にパリで開かれた地味な学術会議の中で、ロシア革命にいたる19世紀の社会主義、共産主義の歴史は、静かに葬りさられていたのである。

1989年を象徴する事件といえば、天安門事件、ベルリンの壁の崩壊である。理論によってこうしたことが起こったというわけではないが、新自由主義的理論による包囲網は、すでに社会主義社会を全体主義社会と決めつけ、その社会をこじ開け、崩壊させる準備が着々に進んでいたのである。世界市場における弱小経済国の集まりである社会主義地域は、こうした包囲網の中で西側からの資金援助によって借金漬けとなり、身動きできなくなり瓦解する。

この物語には美談が付け加わる。自由を求める市民の声が、自由に後ろ向きであった反革命的全体主義国家を破滅に追いやったのであると。当時、この動きはヴィロードの革命ともいわれた。

ロシア革命は、歴史の徒花になった。あの革命がなかったならば、ロシア、東欧は今以上に発展し、自由を満喫できたはず、というのが今の主流の解釈だ。こうして、ロシア革命に言及することは歴史のネジを逆に回すことのように見られるようになり、語られることも少なくなっていった。マルクスやレーニンの名前に変わって、新しい英雄の名前トクヴィルやアーレント、そしてフランス革命新解釈の仕掛け人元共産党員フランソワ・フュレが、記念碑に刻まれるようになった。

もとの解釈が復活する可能性だってある

1960年代にロシア革命をフランス革命と並ぶ歴史的革命だと教科書で学んだ旧い世代、そして自由の結果である貧困に苦しむ人々は、今のところこの劇的な解釈の変化にため息をつくしかない。もちろん歴史は後世、いや後世に支配権を握ったものが決める。だから、もう一度もとの解釈が復活する可能性はある。

実はフランス革命がナポレオンの敗北によって終焉を迎えたころ、フランス革命の解釈は大きく変化した。王政復古の勢いを借りて、フランス革命は不幸な暴徒による革命となり、とりわけロベスピエールがその不幸の象徴となったのである。しかし、1830年7月革命によって、また形勢は逆転する。その後に続く革命の結果、フランス革命=ブルジョワ革命説が定着するのである。

後世恐るべし。古い世代は、捲土重来を期待しながら「我が後に大洪水きたらん」と、考えるのかもしれない。