ミケル・エチャリが語る「ハリルジャパンの課題」(前編)

 来年のロシアW杯に向け、ブラジル、ベルギーという強豪国と腕試しをするハリルジャパン。今後は、世界と戦うための戦略を整えていくことになるだろう。そこで、リーガエスパニョーラのレアル・ソシエダ、エイバル、アラベスで強化部長、監督、育成部長などを歴任してきた「スペインの目利き」ミケル・エチャリに、ハリルジャパンの現状と修正点について聞いた。

「ベンチでのハリルホジッチ監督はプレーごとのアクションが大きい。感情の揺れが見えてしまう。これは旧ユーゴスラビア出身の指導者に共通する点で、血気盛んだとも言えるのだが……」

 日本のアジア最終予選と、直近の親善試合はすべてチェックしているエチャリはそう言って、まずはヴァイッド・ハリルホジッチ監督の印象について批評をしている。ありあまるエモーションはチームを活性化させることもあるが、不安定にさせることもある。激情タイプの監督は、そういうメリット、デメリットを持っているということだろう。


ベンチを飛び出して指示を飛ばすハリルホジッチ監督

「私は監督の仕事をリスペクトしたい。指導者にはそれぞれキャラクター、アイデアがあるからね。ただ、日本は守備面のバランスが崩れてきているのが、少し心配だ。サッカーでは、安定した守備がいい攻撃を創り出すのだ」

 レアル・ソシエダでは戦略分析担当として、チームのチャンピオンズリーグ出場に貢献したこともあるエチャリはハリルジャパンの戦力をどう捉えているのか。ポジションごとに分析してもらった。


◯ゴールキーパー

「まずゴールキーパーだが、一番手は川島永嗣で決まりだろう。経験十分で、安定したセービングを見せている。予選の途中で再び抜擢されるや、チームを救うゴールキーピングを見せた。失点シーンも彼のミスと言えるものは少ない。

 一方、川島に比べると、西川周作、東口順昭はかなり見劣りする。壁の作り方やステップの踏み方など、セービングの前の準備で後手を踏んでいる。国際的な試合経験の少なさだろうか。

 西川は強いシュートに対して弱く、クロスに対する高さも不安で、ポジショニングも危うさが残る。東口はハイチ戦で3失点を許したが、少なくともエリア外からの巻き込むようなシュートには触れるくらいできないと、世界レベルでは責任を追及される」


◯サイドバック

「サイドバックは右は酒井宏樹、左は長友佑都で確定だろうか。

 酒井はロンドン五輪前から注目している選手で、ポテンシャルの高さを感じる。ここ数年は、攻撃に対する強迫観念が強すぎ、戦術的にバランスを崩す場面も少なくなかったが、オーバーラップするタイミングが劇的に改善しつつある。高さもある貴重なサイドバック。マルセイユでレギュラーを取っていることも、プラスに働くだろう。

 とはいえ内田篤人の域には達していない。内田は日本という枠を超え、素晴らしいサイドバックとしてのプレーを見せていた。戦術的に恵まれたスピードを最大限に生かし、攻守でアドバンテージを得ていたと言えるだろう。

 左の長友は、一時、深刻なスランプに陥っていたように思われる。攻守の選択に対し、どこか自信なさげだった。簡単に裏を取られると追いつけない。フィジカルコンディションも悪かった。しかし、最近は復調を示しつつある。左サイドで攻撃に厚みを加えている。メンタルの問題だったのだろうか。

 今のところ、この2人のサイドバックに肉迫する選手は出てきていない」


◯センターバック

「センターバックは、吉田麻也、昌子源のコンビになるだろうか。

 吉田に関して、私はこれまで辛口の批評をしてきた。ターンに致命的な問題を抱え、事実、ブラジルW杯ではアキレス腱となっていた。しかし経験を積み、バックラインの前のアタッカーに対する守備強度が上がり、弱点を晒す前に相手を封じる力を身につけるようになった。ただし、まだニュージーランド戦などでは、一度背後を取られると厳しい場面があった。

 昌子は森重真人に代わって抜擢された。自分の限界を知り、とても安定したプレーを見せている。しかし現状に甘んじてはいけない。相手にイニシアチブを奪われ、受け身に回ったときのディフェンス強度はまだまだ低い。それはハイチ戦でも露呈していた。

 10月の試合で起用されていた槙野智章は、フィジカル能力は優れているのだろう。しかし、吉田、昌子の2人を脅(おびや)かす選手ではない。森重は資質に恵まれているのに、プレーの判断が遅かったり、集中を欠いたり、メンバー外になったのも致し方のないところか。自分が今まで見た日本人センターバックの中では、(スペイン2部)ナスティックに所属する鈴木大輔が、戦術的に鍛えたらレベルアップすると考えていたのだが……」


(後編に続く)

◆エチャリ氏によるW杯最終予選「選手16名の評価」>>