米国では鼻の美容整形に肯定的?(depositphotos.com)

写真拡大

 秋を迎えてから、何やら妙に「整形」の話題が散見される。

 まずは、TV番組の収録後にふらりと美容整形に飛び込んで「100万円(=その時の所持金)以内で好きに変えてください!」と無茶ぶり(?)の整形手術を敢行したと自己申告したのが、元プロ野球選手の新庄剛志さん。

 「マイケル・ジャクソンにしてください」とも注文したようだが、理由も「(自分の)顔に飽きて、めちゃ変えたかった」というから、いかにも新庄流仰天哲学である。

 一方、整形疑惑がかけられたのは、人気俳優・菅田将暉さん。<鼻先を尖らせる>美容整形は、現在、韓国でも流行中というが――。羨ましくも、生来この<アップノーズ>の持ち主である菅田さんに、ネット上で整形疑惑の声が多発しているという。

 菅田さんが出演したTV番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)、当初は「怪しい」と談話していた美容整形の専門家が、鼻の中の手術痕などをチェック。結果、「美容整形、してません」と裁定し、菅田さんも「よかったです」と苦笑いした後、カメラに向かって「俺、やってない!」と訴えた次第。

鼻の美容整形で「魅力的」「健康な成功者」として認識される

 そんな菅田さんの話題に呼応したわけではなかろうが、『JAMA Facial Plastic Surgery』(10月19日オンライン版)に「鼻の美容整形には、どの程度の価値があるのだろうか?」という素朴な(?)疑問を追った調査結果が掲載された。

 こういう調査が実施される背景には、米国内では鼻の美容整形(鼻形成術)が決して珍しい手術ではないという事情がある。米国形成外科学会(ASPS)によれば、2016年の米国内では年間22万件以上の鼻形成術が施され、それはほぼ脂肪吸引の件数と肩を並べる結果だったという。

 鼻整形術の効果調査を行なったのは、米ジョンズ・ホプキンズ大学医学部形成外科学准教授であるLisa Ishii氏らの研究班だ。解析の結果、鼻の美容整形を受けた患者は、他者の眼に「魅力的」と映るばかりではなく、「健康で成功している人物」として認識させる効果も生んでいる可能性が示唆された。

 「鼻の美容整形を望む人の場合、その多くが、自分の外見に対する自らの(改善)認識のみならず、他者(から)の見方も変えたいと考えている。では、実際に他人の見方がどのように変化するものなのか、我々はその点を明らかにしたかった」(Ishii氏)

 今回のオンライン調査に協力した男女473人(平均年齢29歳、うち女性70.8%)はいずれも、鼻形成術を受けた患者とは特に関係のない人々だ。

彼ら回答者は、鼻形成術を受けた患者13人の「術前」及び「術後(6週間以上経過後)」の写真を見せられ、それぞれの外見評価を100点満点の視覚的アナログ尺度(visual analog scale:VAS)でジャッジした。

 全回答を解析した結果、VASによる「術前」→「術後」の各平均スコアは、「魅力面」に関しては「50.32点→56.46点」にアップ。「成功(している人物と映る)面」については「58.23点→61.49点」にやはり上昇、また「健康面」に関しても「61.32点→65.19点」へと好印象を生んでいた。

 「この研究結果から、改善の度合いが大きいのは明白。つまり、魅力的な人ほど成功者として映る。鼻形成術を希望する患者にとって有益な情報だといえるだろう」(Ishii氏)

<鼻の整形>に価値があるか――決めるのは患者自身

 しかし、今回の知見を「慎重に解釈すべき」と警鐘を鳴らす人物もいる。自身も形成外科医であるClinton Humphrey氏(カンザス大学ヘルスシステム)もその一人で、まずは「鼻形成術には6000〜2万5000ドルもの高額な費用がかかり、保険適用されないのが一般的だ」という点を指摘。

 件の鼻形成術は美容整形の中でも「特に難しい施術」である点も挙げながら、今回のIshii氏らの研究が「理想的」とあらかじめ判定された患者だけを評価対象に選定していることに言及。

 「自分自身も鼻形成術には最善を尽くして臨んでいるが、全ての患者において『理想的な結果』が得られるわけではありません」とHumphrey氏は述べた。

 「なので、今回の知見を以って、鼻形成術を受ければ誰もが他者から健康で魅力的で成功者として映る(認識される)と解釈するのは正直、誤りだと言わざるをえない」(Humphrey氏)

 この点に関してはIshii氏らも、「鼻形成術に価値があるかどうかを決めるのは患者自身だ」という注釈は添付しているのだが――。

美容整形・美容医療を受けたい理由は「自分が心地よくあるため」

 美容整形に対する日本人の意識変化については特集「美容医療」(『国民生活』2014年3月号掲載)に寄稿された谷本奈穂氏(関西大学総合情報学部教授)の報告が興味ぶかい。

 「社会学からひもとく美容整形と美容医療」と題された同報告では、筆者による2013年の調査結果(20代〜60代までの男女各1030人対象)を紹介。うち「美容整形・美容医療を受けたい理由」に関しては、「自分が心地よくあるため」が最多(44.1%)だったとして、以下のように結論づけている。

 「これは2013年だけではなく、2011年、2003〜2005年の調査でも同様」であり、「『自己満足のため』『自分が心地よくあるため』という言い方は、近年、美容整形や美容医療の『正当な』理由として認知されているようです」

 そういえば先日、米国でも活躍する女優の工藤夕貴さんが、何かといえば「劣化(した)」と騒ぐネット投稿者の大人げない美意識に反論し、それは「進化(である)」と発言して共感を集めた。
 
 もし「自分が心地よくあるため」ならば、こうした心の持ちよう一つから輝きは生まれるのではなかろうか。
(文=編集部)