いくら包めばいいのー⁉ 常識知らなすぎて恥ずかしい…。ご祝儀編

写真拡大

結婚式に招待されるとうれしいですよね〜。久しぶりの友達に会えたりするし、何着ていこうかなとか、自分の準備をするのも楽しい!でもお式だとマナーがわからなすぎて、恥ずかしい…。特にご祝儀は難しく感じます。

割り切れない数とキリのよい数で

昔は、偶数は割り切れてしまうため縁起が悪いとされてきました。でも、最近は「2」=「夫婦」「ペア」と考えられ、カジュアルなパーティなどでは、2万円を包むことも珍しくはありません。ただし、縁起を担ぎ偶数を気にする新郎新婦もいます。2万円を包む場合は、1万円札と5千円札を2枚とし、枚数を奇数にしましょう。

またキリのよい数字ということから、10万円以上は20万、30万…と割り切れない数字でなくても、まったく問題ありません。それぞれの金額にあわせたご祝儀袋を選んで失礼のないようにしましょう。購入する時のパッケージを確認すれば、だいたいどれくらいの金額にはこの袋、とわかるようになっているので安心です。

・ 表書きの書き方
ご祝儀袋はお祝い金額とつり合いの取れたものを使います。表書きの上段には「寿」「御祝」「ご結婚御祝い」などの文字を、濃い墨で太くはっきりと書きます。表書き下段には贈る人の名前を書きます。

・ 中袋の書き方
ご祝儀袋に包んである金額と贈る人の住所、氏名等を記入します。タテ書きの場合の金額には旧字をを使用して「金弐萬円也」「金参萬円也」などのように書きます。

普段はパソコンを使い、メモはボールペンなので、筆で文字を書くのを苦手と感じる人も多いかも。でも、せっかくのご祝儀だし、自分の名前だけでも手書きしませんか? 筆ペンで普段から練習しておくといいですね。上手でなくても丁寧に書けば問題ありません!心を込めて用意してくれたんだなということが伝われば、受け取るほうもうれしいはずです。

もし、やむを得ず招待を断る場合は、ご祝儀を結婚式の前に手渡し、あるいは結婚式の1週間前くらいに現金書留で贈ります。贈る時にはご祝儀袋だけでなく、お祝いの手紙も同封。また、式当日は祝電を打つことをオススメします。祝電を打つことで「本当は出席したかったけれどやむなく欠席しました」という気持ちが、より相手に伝わりますよ。

 

ライター:幸 雅子
出典:出典:『これが正解! 正解のない大人のマナー集』
監修:福島由美(イメージコンサルティングサロン ユミ代表 イメージコンサルタント・人財育成トレーナー・司会)