嵐 二宮和也とSexy Zone 佐藤勝利は不思議な関係? ラジオで語られたMステ共演エピソード

写真拡大

 Sexy Zoneの佐藤勝利が、10月6日より初の単独レギュラーラジオ番組『VICTORY ROADS』(bayfm)をスタートさせた。実は、1年ほど前からソロラジオをやりたいと話していたという佐藤。念願叶って番組を持てたということで、毎回楽しそうに話す佐藤が微笑ましい。ファンの間では有名なビートルズ好きの佐藤は初回のオープニングナンバーからポール・マッカートニーの「Coming Up」をセレクトし、「モテたくて流しました」とコメント。さらに、リスナーから恋愛相談が寄せられたときには「高1男子は好きって言われんとわからんて!」と男子の本音を披露してみせるなど、本音トークで楽しませてくれている。

(関連:嵐×Sexy Zone、『VS嵐』と『Mステ』で共演続く “兄弟”のような2組の関係性を考察

 そんな『VICTORY ROADS』11月3日放送回では、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で共演した嵐とSexy Zoneの仲睦まじい裏話が語られた。2グループが前後に並んで座っていると、おもむろに櫻井翔がポケットからミントを取り出し、菊池風磨に手渡したというのだ。それを見た松本潤も「じゃ、俺は勝利に渡すよ」と、同じようにミントをくれたのだそう。すると、その光景を意味深な眼差しで見つめる人物が!

「“俺の潤から何をもらってるんだ” みたいな目で見てくるって言うか、もう真顔だったんですよ」と佐藤が語る人物は、二宮和也だった。「二宮くんが僕と絡んでくれるときに、ちょっとなんかSな心を出してくるんですよ」と続ける佐藤。挨拶をわざとスルーするなど、まるで小学生男子が好きな女子の興味を引きたくて意地悪するような絡みが、ふたりの間では日常的に繰り広げられているらしい。「うわー、すごい! 潤くんから優しいことしてもらってるけど、奥のほうで二宮くんが真顔でなんか伝えようとしてるっていうか、すごい圧力かかってる」と、内心ヒヤヒヤしたそう。

 そんな二宮を笑顔にする方法があるのだと、自信たっぷりに話す佐藤。だが、その方法とは「主演の作品を褒める」という、なんともどストレートなものだった。「“二宮くんアレ見ましたよ、本当に良かったです”って言うと、やっと笑顔になってくれるので(笑)」と、意外にも二宮も素直に喜ぶのだとか。

 「(絡んでくれるというのは) 逆に言うと見てくれてるってことですからね」と、お互いそのコミュニケーションを楽しんでいるようで、何よりだ。 ちなみに、同じbayfmでソロラジオ番組『BAY STORM』を持つ二宮に「まだ挨拶に行けていない」という佐藤。すでに、番組開始から1カ月以上も経っている。果たしてドSな先輩・二宮は、どんな反応を見せるのか。そのやりとりが語られる日を楽しみにしている。(佐藤結衣)