離婚騒動を乗り越えた!?船越英一郎

写真拡大

 ワイドショーを騒がせた松居一代による離婚騒動から4か月。その渦中にあった船越英一郎が、“復活”しつつある。主演ドラマがスタート、司会を務める『ごごナマ』では余裕の表情を見せることも。船越の“今”についてコラムニストのペリー荻野さんが綴る。

 * * *
 先日、NHKBSで新番組『赤ひげ』がスタートした。ご存知の方も多いと思うが、『赤ひげ』は、江戸時代、実際にあった庶民のための無料診療所「小石川養生所」を舞台に無骨だが心優しいベテラン医師“赤ひげ”と長崎で修行した若い見習い医師がぶつかりながらも、貧しい人々を救おうと奮戦する物語。元祖ヒューマン医療ドラマといってもいい名作だ。
 
 その赤ひげを演じるのは船越英一郎。「2時間サスペンスの帝王」といわれた船越が、かつて黒澤明監督の映画版で三船敏郎(ヴェネチア国際映画祭で男優賞獲得)、テレビでは小林桂樹、萬屋錦之介など名優が演じた大役に挑んでいる。

 思えば、今年を振り返って、一番「あれは何だったのか?」と思い出されるのは、松居一代の動画投稿と失踪騒動?だろう。ワイドショーで連日取り上げられたわりに、いったい何があったのかよくわからず、その後、松居一代ご本人は元気よくボランティアをしている姿も放送された。まさに「騒動」だったわけだが、その期間、多くの人が注目したのは妻に糾弾される形になった船越英一郎の動向であった。

 しかし、船越は一切騒動について語らず、地道に仕事を続ける道を選んだ。生放送のNHK『ごごナマ』司会もどうなることかと思ったが、少々げっそりしているようには見えたものの、コツコツ継続。思えば、それが「俳優船越英一郎」としては正解だったといえる。

 先日、『ごごナマ』に『赤ひげ』に出演中の若手医師役の三人組、中村蒼、前田公輝、古舘佑太郎がゲストに登場。中村を「あおいちゃん」、前田を「ゴーキ」、古舘を「タッチー」と呼ぶ船越の司会ぶりは、どこか愛川欽也を思い出さる。従来、そういう兄貴的なキャラなのである。3人との話は撮影中、しばしば開催されたという船越主催の飲み会「赤ひげ会」の話や各人のファッションのこだわりにも及んだ。

 若者たちが船越がふだんもジャケットなど「きちんとしている」ことに驚いたと言えば、船越は「それでもどっか崩して不良っぽくしたくなる」と返答。すると進行役の阿部渉アナがすかさず船越がジャケットの腕まくりをしていることを指摘。80年代に流行したため、ついまくり上げてしまう船越の袖を相方の美保純が「チョメチョメ上げって言うんだよ」とナイスな解説(80年代と山城新伍を知ってる人にしかわからない)を付け加える。見事なコンビネーションを見せた。船越にとってこの番組は居心地いい場所に違いない。

 さらには撮影のロケ中、船越が「甲斐バンドにライブに行くため」早めに撮影を終わらせるよう張り切っていたことを暴露されると、阿部アナは「甲斐バンドの歌を聞いて癒されたい。このころ…いろいろ…」ここでそれを言いますか!と視聴者がドキドキした瞬間、船越は「元気をもらいに行ったんですよ!」と苦笑しつつ自分でフォロー。余裕も見せていた。

 赤ひげは世の中を清濁併せ呑む骨太の男だ。いろいろあった船越英一郎だからこそできる役ともいえる。ドラマで使っている特製の「とってもいい赤ヒゲ」が、そのご褒美に見えてきた。合言葉は「地道にやってよかった」ですな。