大根のきんぴら

写真拡大

冬に出回る旬の根菜は、お値段も下がり、保存もきく、とっても助かる食材ですね。煮込み料理は時間がかかりますが、きんぴらならパッと炒めれば完成します。ごぼうだけではない、根菜のきんぴらレシピのバリエーションを抑えると、「あと1品!」ほしいときにも便利ですよ。

ほかにもいっぱい!「野菜のきんぴらのレシピ」をチェック!

 

■ ごま油の香りでもりもり食べられる「大根のきんぴら」

<材料2人分>

大根…5cm、ごま油、砂糖、しょうゆ、七味とうがらし

<作り方>

1.大根は細切りにする。

2.フライパンにごま油大さじ1を熱し、大根を入れて炒める。しんなりしたら砂糖、しょうゆ各小さじ2を加えて炒め、汁けがなくなるまで炒め、七味少々をふる。

大根は火が通りやすく、調味料も同量ずつなので、料理が苦手な人にもうれしいレシピ。最後にかけた七味がいいアクセントに。

 

■ シャキシャキ感がたまらない「長いもわかめきんぴら」

歯ざわりのいい食感がうれしい長いもと、つるんとしたわかめの組み合わせ。小鉢にオシャレに盛り付けてみて。

 

■ 黄金色に秋を感じて「さつまいものきんぴら」

大学いも風の甘い味付けのきんぴら。簡単なレシピで覚えやすいですよ。色合いがきれいで、お弁当にもぴったり。

 

■ 昆布と梅かつおのうまみ「かぶと切り昆布の塩きんぴら」

塩で味付けをして、かぶの白さを生かします。盛り付けてから削りがつおを上から振りかけると見た目もきれいに。

 

■ じゃがいもだけでできちゃう「じゃがきんぴら」

季節を問わず常備しているじゃがいもだけで作れるきんぴら。炒めるだけなので忙しい時にも使えるお助けレシピ。

 

こんなに種類があるの?と思わず驚いてしまう、きんぴらレシピの数々。冷めてもおいしいので、お弁当にもピッタリですね。煮込み料理が多くなるこの季節、副菜にはぜひ食感のいいきんぴらを試してみてくださいね。