東出昌大の頬に唐田えりかが触れる 濱口竜介監督商業デビュー作『寝ても覚めても』場面写真

写真拡大

 『ハッピーアワー』の濱口竜介監督最新作『寝ても覚めても』の場面写真が公開された。

参考:濱口竜介監督、商業映画で真価発揮なるか? モルモット吉田が『寝ても覚めても』の可能性を探る

 本作は、芥川賞作家・柴崎友香による同盟恋愛小説が原作。ミステリアスな自由人・麦と、優しくて誠実なサラリーマン・亮平という同じ顔をした2人に恋をした女性・朝子の8年間にもわたる恋模様が描かれる。東出昌大が初となる1人2役で麦と亮平を演じ、唐田えりかがヒロインの朝子を演じる。本作は濱口監督にとって商業映画デビュー作となる。

 このたび公開された場面写真は、出会ったばかりの亮平と朝子が見つめ合う姿を捉えたもの。突如として姿をくらましたかつての恋人・麦に瓜二つの亮平の顔に触れてじっと見入る朝子と、唐突な朝子の行動に困惑する亮平の姿が切り取られている。(リアルサウンド編集部)