人の視線を検知して映像を変化させる「視線で花咲くアート展」(イメージ)

写真拡大

 人工知能(AI)がデジタルアートに挑む―。NECとネイキッド(東京都渋谷区、村松亮太郎社長)はAIを活用し、人の視線の向きに応じてプロジェクションマッピングの映像を変化させる体験型イベント「視線で花咲くアート展」を東京・丸の内の行幸地下通路で開く。AIが人の視線を感じ取り、映像がさまざまに変化する。期間は13―26日。

 イベントでは会場内の特定の位置に立つ複数の鑑賞者をカメラで撮影し、その映像からAIが視線の向きを同時に検知する。視線を向けた先のスクリーンでは花が生まれたり、チョウが飛んだりするなど、さまざまな生命が誕生する様子を映像で表現する。鑑賞者が多くなれば、それぞれの視線で多くの生命を誕生させることができ、それらの生命が重なり合う世界を楽しむことができる。

 具体的には、離れた場所にいる人の視線の向きをカメラでリアルタイムかつ高精度に検知できるNEC製の「遠隔視線推定技術」と、ネイキッドが制作するプロジェクションマッピングの映像を組み合わせる。見る人によって異なる視線の機微を解析し、日本画をモチーフとした繊細で柔らかな描写で表現する。