【秘密情報】有吉弘行の知られざる噂とエピソード8選! 人気者の知られざる苦悩と極秘

写真拡大 (全4枚)

元猿岩石のメンバーであり、現在はタレントや司会者として大車輪の活躍を見せる有吉弘行さん。幅広い年代から人気を集め、テレビでは毎日のように見かけますよね。好感度が非常に高いタレントの一人だと言えるでしょう。

有吉の極秘情報を大公開!



有吉さんは猿岩石で「進め!電波少年」のユーラシア大陸横断ヒッチハイク成功後にCDデビューを果たすなど一躍人気者となりましたが、ブームが去った後に仕事がほとんどないどん底状態も経験しました。

そんな有吉さんにはあまり知られていない感動のエピソードや秘密の話がたくさんあるのです。今回は彼の噂と極秘情報の一部を厳選して紹介します!

有吉弘行の知られざる噂とエピソード8選



1. どん底時代も借金はなかった

猿岩石時代に大ブレイクを果たした当時の月収はなんと最高2000万円ほど。しかし有吉さんはここで有頂天にならず、いずれブームが終わると冷静に分析。徹底的に倹約し貯蓄に励み、最高で7000万円ほどの貯金をしていたのだとか。

その後、予想通りに仕事の量が減少し、平均月収数万円という時期が7〜8年続いたそうですが、貯蓄を切り崩しながら生活することで、このつらい時期を無借金で乗り切ったのです。



2. 生放送で嘔吐したことがある

有吉は33歳の頃、バラエティ番組の生放送出演中に嘔吐してしまったことがあります。ダチョウ倶楽部の上島竜平、土田晃之、カンニング竹山と有吉さんの4人が並んで順番に泡盛を飲み、誰が本当に泡盛を飲んでいるのか当てるゲームの最中に起こりました。

その日の有吉は明らかに体調不良が見て取れて、表情が暗く、顔は土気色で、ため息をついたりもしていました。そして有吉の順番が来て泡盛を飲もうとした瞬間に我慢できず嘔吐をしてしまったのです。しかし有吉は嘔吐物を左手でキャッチし、カメラに映らないようにポケットに隠したのです。そして有吉はそのまま泡盛を飲み干し、番組は何事もなかったように進行。視聴者にも気づかれず、苦情はまったく来なかったそうです。

3. 有吉の唯一の親友とは?

有吉さんは自身に親友はいないと公言しています。その理由は友達と親友の境目がわからないから。飲んだり一緒に旅行したりする芸人の先輩や後輩もいるが、それはあくまで先輩・後輩であると言い、親友ではないというのが有吉さんの考えなのです。

しかし、実はたった一人だけ親友だと明言した人もいます。その人とは後輩俳優の大下源一郎さん。有吉さん本人がツイッターで「唯一の親友」と大下さんの舞台を紹介したことがあるのです。

4. 実は登山が大好き

有吉さんは2006年頃から登山にハマっていて、当時は親友の大下さんと一緒に「登山倶楽部」を結成したりしていたこともあります。登山の何が有吉さんを魅了したのかと言うと、山では気軽に挨拶ができて人見知りがなくなるから。Twitterでは「登山好きに悪い人はいない。。。」と投稿したこともあります。

また、もう亡くなってしまった有吉さんの父親も広島の山で頻繁に登山を楽しんでいたそうです。



5. 人の顔だけ投稿するインスタグラム

有吉さんといえば700万人に迫る勢いでフォロワーを増やし続けているTwitterアカウントが有名ですが、実はInstagramのアカウントも開設し、約80万人のフォロワーがいます。Twitterと比べるとかなりフォロワー数が少ないですよね。

Instagramで有吉さんは人の顔だけを投稿し、有吉さん得意のニックネームをハッシュタグで記しています。また今年7月には有名人の似顔絵らしきイラストを5件ほど投稿。もしかしたら似顔絵を投稿するアカウントに変わっていくのかもしれません。

6. オネエタレントへの転身を考えたことがある

有吉さんはどん底時代に再ブレイクするきっかけをつかもうとして、オネエタレントへの転身を真面目に検討したことがあるそうです。その当時はオネエタレントが流行し始めていたため、有吉もオネエタレントに転身すれば仕事が入ってくるのではと考えたのでしょう。オネエタレントに転身するために手術も受けようとしていたのだとか。

7. 元相方・森脇の現在は?

猿岩石解散後、相方の森脇和成さんは芸能界を引退しましたが、その後はまったく安定をしない生活を続けています。ホストなどを経て、結婚を機に輸入卸の会社でサラリーマンになったかと思えば、離婚をして会社を退職。そして太田プロの社長からの誘いもあり、芸能界への復帰を果たしました。

しかし復帰直後こそ話題となったものの再ブレイクには至らず、その後はどうしているのかというと、なんとYouTuberとしての活動をスタート! 再びヒッチハイクの旅に挑戦するなどしているようです。

8. 古坂大魔王に無視されていた

有吉さんはピコ太郎のプロデューサーとしてブレイクしたお笑いタレント・古坂大魔王さんを激怒させ、無視され続けてしまったことがあります。とあるイベントで有吉さんはお笑いコンビ・X-GUNの西尾さんから「古坂に今日ネタ滑ってたって言え」と指示され、有吉さんは実際に「めちゃめちゃ滑ってましたね。つまらなかったです」と伝えてしまったのだとか。

当然、古坂さんは大激怒。有吉さんは西尾さんの指示だと弁解したものの「そんなの関係ない。ふざけるな」と怒られ、以来無視され続けてしまったのです。



安心してみていられる存在



現在でこそ人気を不動のものとした有吉さんですが、現在の地位に到達するまでさまざまな苦労を重ねてきたのです。有吉さんの芸風を安心してみていられるのは、きっとその頃の苦労が有吉さんの中で生き続けているからなのでしょう。

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/