米倉涼子、シャーロットに感服「日本語アドリブに驚きました」

写真拡大

米倉涼子主演のドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00〜)11月23日放送の第7話に、シャーロット・ケイト・フォックスがゲスト出演することがわかった。

NHK連続テレビ小説『マッサン』(2014〜2015年)で日本人夫を一途に愛するスコットランド出身のヒロインを熱演し、鮮烈な日本デビューを飾ったシャーロット。本作でも国境を越えた純愛を演じることに!? 今回は、愛しき夫マッサンならぬ、元恋人の“マーさん”=外科医・原守(鈴木浩介)を追いかけ、アメリカから来日する元凄腕外科医ナナーシャ・ナジンスキー役で登場する。

しかし、彼女の恋は前途多難。マーさんは自身の出世がかかったお見合いの最中で、大人の事情から復縁には消極的。さらにはナナーシャが脳腫瘍を患い、余命3カ月の身であることも判明する。当然、未知子(米倉)は自分にオペさせるよう進言するが、ナナーシャは拒絶し……。ナナーシャの恋路はどうなるのか、そもそも、彼女はなぜ外科医を辞めたのか。米倉も「『ドクターX』にはなかなかない恋のお話も相まって新鮮!」と述べている。

米倉とシャーロットは今回が初共演。米倉は「私の方が大雑把かもって思うくらい(笑)、シャーロットは日本的で繊細な感覚の持ち主。日本語も上手で、ちょっとしたニュアンスの日本語アドリブが飛び出したときは驚きましたし、スゴいなって感服しました」と、感心しきり。一方、シャーロットも「涼子さんは賢くてパワフル! それに、とても可愛らしくて、俳優に欠かせないユーモアセンスを持った面白い人です」と大絶賛。「常に互いのパワーをぶつけ合い、素敵な共演を堪能できました」と、米倉との充実した共演を振り返り、幸せそうな笑顔をこぼした。

日本で活動して3年が経つシャーロットだが、「“マーさん”の発音も朝ドラで2000〜3000回は言った“マッサン”の発音を引きずって、少しヘンな発音になっちゃったり……。日本語は未だに難しい!」と苦笑い。そんな彼女の秘策は「セリフのローマ字表記と各単語の意味、きちんと英訳した文章を記した台本」だ。これを「何度も何度も音読して覚える」という。

シャーロットは、「台本を読むだけでも、すごく時間がかかります。毎回、知らなかった単語が出てきますから。今回も“責任”や“腹腔鏡”など、初めて聞く日本語があって苦労しました」と、日々の努力を明かした。その努力を支えるのは、たゆまぬ向上心で、「私はいつも失敗してばかりですが、人は失敗から学ぶもの。全然失敗しなかったら現状止まりで、もっと上には行けないだろうし、それじゃつまらないでしょ? だから、私は常に失敗していたい!」と。また、医療ドラマへの出演は今回が初めで、「ナナーシャは元外科医なので“laparoscopic cholecystectomy(腹腔鏡下胆嚢摘出術)”など、英語でも“何、それ!?”と戸惑うような医療用語もセリフの中にたくさんあるので、そこは注力しました。と同時に、何よりも物語で重要な要素となる“マーさんとの関係”を大切に演じました。ナナーシャが未知子と対立する様も面白いので、ぜひご覧ください」と語っている。