いくら安くても…ユニクロの落とし穴にご用心【ガッカリ5選】

写真拡大 (全16枚)

日本人のファッションとは切っても切れないユニクロですが、すべてがシンプルで高品質かというとそんなことはありません。プロが「おすすめできない」と断言するアイテムがコチラです。


年間1000着以上の服に袖を通す
バイヤーが実際に購入!


世界でも人気の、日本のファストファッションを牽引してきた「ユニクロ」。商品数も多く、今や何を選べばいいのかもわからない状態です。そこで、累計関連書籍が60万部を突破する有名ファッションバイヤーのMBさんに、ユニクロの「買ったらダメ!」なアイテムを本音で教えてもらいました。



「買って良い服、ダメな服を知っておけば、全身ユニクロでもおしゃれはできます!」(ファッションバイヤー・MBさん)

初心者には着こなしが難しい、買うと後悔するユニクロ服5品をご覧ください。


野暮ったく見えちゃう
「ワンタックチノ」


下半身を太く見せるワイドパンツスタイルが人気ですが、それは「スラックス素材」だからこそサマになるのだと心得てください。おしゃれ上級者じゃないと着こなすのは難しいんです。



ユニクロ
ワイドフィットワンタックチノ
実勢価格:1990円(税別)



太いパンツを選ぶなら、スラックス素材以外は×。チノパン素材は避けましょう。



実際に着てみるとシルエットはブカブカでシワシワ。ワイドなボトムスは30〜40代が着ると、いかにも野暮ったく見えちゃうのでご注意を。


4000円でも高く感じる……
中学生が着るような「MA-1」


これからの季節、1枚持っていて損なしのMA-1ですが……。素材がペラペラで、安っぽさを感じてしまいます。



ユニクロ
MA-1ブルゾン
実勢価格:3990円(税別)



まるで中学生が着るジャンパーのような……。

[選ぶならレディースのXLを]



似たような製品でも、メンズとレディースを比べると素材の差が激しすぎました。レディースのXLは良い質感なので買うならコチラをオススメします。

アイテムの素材感で与える印象も変わります。


お土産ですか?
ダメグッズの典型「スカジャン」


トレンドアイテムのスカジャンも、単体では人気のおしゃれ感あるアイテムですが、キャラクターと融合すると一気にオシャレ難易度が高まります。上手に着こなさないと、「お土産?」と聞かれてしまうかも……。



ユニクロ
ミッキー トラベルズ スカジャン+E
実勢価格:5990円(税別)



スカジャンとしての作りは高レベル。

せっかくの高品質もキャラプリントのせいでオシャレ初心者にはおすすめしにくいアイテムになってしまいました。


ダサいメンズ御用達アイテム
「ウォームイージーパンツ」


良い洋服とは機能性とデザイン双方の完成度が高いものですが、これは完全にステータスを機能性のみに振った典型。何を合わせてもサマにならず、オシャレとは程遠いアイテムです。



ユニクロ
ブロックテックウォームイージーパンツ(リップストップ)
実勢価格:3990円(税別)



太って見えて、だらしない印象を与えます。



機能性は高いのであたたかく、動きやすさも問題ありません。デザインさえよければ……。

何を着ても合わせることのできない、逆万能アイテムでした。


ベンチコートをマネたような
失敗作「ロングコート」


丈の長いロングダウンはトレンドアイテムではありますが、この製品はとにかく長すぎるので、見ていて違和感があります。草野球など、外でスポーツをする方であれば防寒用ウェアとして活躍の場があるかもしれません。



ユニクロ
シームレスダウンロングコート+EC
実勢価格:1万7900円(税別)



防寒性重視のせいで、カジュアル感がありません。



着心地はあたたかいけれど、蒸れが外に逃げないので暑くなってしまいました。

以上、ユニクロ落とし穴5品でした。機能性の高いアイテムは思わず手を出したくなりますが、デザイン性も考慮して選ぶのがポイントです。



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。