日本全国に数多あるラーメンの中でもとっておきの一品を食べ歩きながら紹介する、ラーメン官僚かずあっきぃこと田中一明さん。まぐまぐの新サービス「mine」で無料公開中の、田中さんの記事から本日ご紹介するのは、 埼玉・春日部「中華そば・塩そば武麗舞(ぶれいぶ)」の淡麗塩旨そば&わんたん中華そば。今まで12,000杯のラーメンを食べ歩いたラーメン官僚が、質量ともに満足度の高い頼もしきフラッグシップメニューと言い切る、「武麗舞」のわんたん中華そばのお味とは?

オススメ!【ラーメン官僚かずあっきぃの麺遊記】中華そば・塩そば武麗舞(ぶれいぶ)

中華そば・塩そば武麗舞(ぶれいぶ)@春日部にて、淡麗塩旨そば&わんたん中華そば。

本年10月5日、春日部の『井之上屋』が屋号を変え、リニューアルオープン。

『井之上屋』に関しては、かれこれ8年ほど前までに、何度か足を運んだ記憶あり。

リピートすること自体が珍しい私が、同じ店に何度も足を運ぶことは殆どない。

改めて申し上げるまでもなく同店は、私にとって、かなりのお気に入りだったということだ。

店舗の場所は、移転ではないので、以前の『井之上屋』のまま。東武スカイツリーライン春日部駅から徒歩15分程度。駅からはやや離れているものの、大通り沿いにあり、決して不利な立地ではない。

まずは、『井之上屋』時代からの継続メニューである「淡麗塩旨そば」を戴くことにした。

まずはひと言、これは美味い!非常に優秀だ。

麺こそやや細くなったような気もするが、スープの味わいは、約10年前にいただいたものと全く変わらない。

清湯スープであるにもかかわらず、ニンニクの香りが高らかで、程良くジャンクであるところが実に面白い。

引き続き、2杯目としていただいたのは、「わんたん中華そば」。

こちらは、今回のリニューアルに伴いに新たに登場した、淡麗タイプの醤油そば。

鶏をじっくりと炊き、乾物の和味を添えたスープは、醤油ダレとも親和性が高い。

ワンタンは、肉が2個、海老が2個と、今の流れに即したもの。

質量ともに満足度の高い、新生『武麗舞』の頼もしきフラッグシップメニューだ。

 

自身が食べて美味かったラーメンのみUPする、田中一明さんの記事をチェックしたい方はこちらでフォロー

DATA

中華そば・塩そば武麗舞(ぶれいぶ)

営業時間 11:30 〜 14:00 18:00 〜 21:00 (土日)11:30 〜 15:00 18:00 〜 21:00

住所 埼玉県春日部市大沼2-61

定休日 木曜 ※木曜が祝日の場合、金曜が振替休日

MAG2 NEWS