重い心臓の病気を抱える7歳の少年の夢が、1日だけ叶えられた。

警察官に憧れる男の子

イギリスで暮らすダニー・ハーバートくんは、心臓の肺動脈に難病を抱える男の子だ。

ダニーくんの夢は警察官になること。彼を叶えるために動いたのが、難病の子供たちに生きる力や勇気を与えるために夢を叶えるボランティア団体、メイク・ア・ウィッシュだ。

同団体から連絡を受けたサセックス警察は、ダニーくんを受け入れた。彼の夢の実現を最高のものにするべく、知恵を出し合ったそうだ。

怪しい人物を逮捕?

そして、とうとうダニーくんの夢が叶う日がやってきた。

▼警察官の衣装に身を包んだダニーくん。横にいるのは心強い相棒だ

そしてパトロールに出かけたダニーくんは、こんな活躍をみせた。

▼警察車両に落書きをしている人物を発見!

▼身柄を拘束した

▼拘置所に犯人を連れてきたダニーくん。逃げ出さないようにしっかりと手を握っている

▼監房まで連行した

▼そして指紋採取へ

もちろん一連の出来事は、本当にダニーくんが怪しい人物を発見したわけではなく、彼に犯人を逮捕してからの流れを経験してもらうために、サセックス警察が仕込んだもの。

▼犯人役の男性とも仲良しに

ほかにもダニーくんは、警察官としてこんな一日を過ごした。

▼道路の安全を守るバイクに試乗

▼スピードガンで違反車を取り締まって

▼警察犬と仲良くなった

▼署長室で書類仕事も手伝った

一家の特別な思い出に

特別な一日の思い出を一緒に作ったのは、1つ下の妹スカイちゃん。

お兄ちゃんと一緒に過ごしたこの日の思い出を、スカイちゃんはきっと何十年も覚えていることだろう。

サセックス警察のプレスリリースによると、ダニーくんは警察官のユニフォームを時々家で着てみては、警察ごっこをして遊んでいるそうだ。

大きくなってからは別の夢を見つけるかもしれないが、7歳のダニーくんやその家族にとって、特別な日になったのは間違いない。