シーニョ

写真拡大

 ライフスタイルブランド「ナガエプリュス(NAGAE+)」が、フェイシャルケアに特化した新商品「シーニョ(cygne)」を発表した。

 2015年に誕生したナガエプリュスは、シーニョのようなリラクゼーションアイテムをはじめ、ホームウエアやアクセサリーを展開。国内160店舗、世界35店舗で取り扱われている。今月トランプ大統領夫妻が訪日した際には、安倍首相夫妻からメラニア夫人への贈呈品としてナガエプリュスのスズ製のブレスレットが選ばれ、注目を集めた。
 リラクゼーションアイテムのカテゴリーではこれまで、アルミニウム製のフェイシャル・ボディケア製品を展開してきた。フェイシャルケアに特化した初のツールとして発売されるシーニョは、錆びないチタン製で風呂場でも使用可能。複数の形状のカーブがデザインされ、シーニョ一つで顔のあらゆるパーツをケアすることができる。スタイリッシュなデザインは若手プロダクトデザイナーの松山祥樹が手掛けた。
 11月7日に行われた製品発表会では、これまでナガエプリュスのセルフケアツールを雑誌の撮影現場で使用してきたという小田切ヒロが、シーニョを使用したセルフケア方法を披露。メーク前に、腕から脇、鎖骨、首、顎、口角、頰、頭皮、耳周りの順番で肌の上を滑らせ、筋肉をほぐしたり老廃物を流すことでモデルの顔がスッキリした印象に仕上がった。小田切ヒロはシーニョの魅力について「骨格を問わず、どんな人にもフィットできる形になっている。デザインもエレガントで気分が上がる」とアピール。価格はシルバーが2万円、ゴールドが2万5,000円(いずれも税別)で、2018年1月から販売される。