ジャニーズWESTが7日、都内で主演するNetflixオリジナルドラマ『炎の転校生 REBORN』のワールドプレミア試写会に出席。メンバー全員と同作に出演する女優で歌手の川島海荷(23)が試写会後にトークイベントをおこなった。それぞれが独特の濃いキャラクターを演じ、ワイヤーアクションにも挑戦した。共演した川島は「どう自分が埋もれないようにすればいいのかと試行錯誤しました」と撮影を振り返った。

 『炎の転校生 REBORN』は漫画家・島本和彦氏による1983年の原作『炎の転校生』(小学館『少年サンデーコミックス』刊)を、現代版『炎の転校生 REBORN』として李闘士男監督が実写化したドラマ。「炎の転校生」と呼ばれた伝説の転校生、滝沢昇が時を経て校長となり設立した「種火学園」。そこに集められた7人の生徒が問題のある学校に転校生として侵入し、内部改革を起こす学園ドラマ。全8話で10日から190カ国で配信が開始される。

 第1話が世界に先駆け上映され、その後紗幕(しゃまく)の下りたステージにジャニーズWESTのメンバーがシルエット越しに登場。黄色い歓声が上がった。紗幕が落ち、ドラマの役柄のコスチュームのメンバーが現れると、さらに大きな歓声が会場を包み込んだ。

 個性的なキャラの中で唯一“普通”の役柄を演じる、重岡大毅(25)は「一人だけ普通のキャラなんで、俺が間違ってんのかな? と思ってましたが今日はお客さんの中にも学生服がいて、間違ってなかったんやと思ってホッとしています」とメンバーの姿を見ながらコメント。

 若武者のようなキャラを演じる桐山照史(28)は「方言のある役柄なので、その辺りも楽しんでもらえたらなと思っています」と挨拶。頭脳明晰なキャラの中間淳太(30)は眼鏡姿でハーフパンツという出で立ち。「30にもなってまだ短パン履くとは、思っていませんでした」と語る。

ジャニーズWESTと川島海荷

 おかっぱ頭の泣き虫キャラを演じる、神山智洋(24)は「キャラも濃いですし、二面性も出てくるので3日後の全世界配信、皆さん是非観て欲しいと思います」と作品の出来に自信を見せる。金髪のロングヘアに、真っ白なコスチュームを着た藤井流星(24)は「假屋崎省吾役の…藤井流星役の假屋崎省吾です」とテレビなどにも出演する、フラワーアーティストの假屋崎省吾氏のルックスに似ていることを強調し、ボケて会場を和ませる。

 熱いファイター役の濱田崇裕(28)は「2話からドンドン面白くなっていくので観ましょう」と呼び掛けた。古いタイプのヤンキー役を演じる小瀧望(21)は「1番メイクに時間のかかった小滝です。このリーゼント自前なんです。本当にキラキラした7人、そして海荷ちゃんを是非観て下さい」と目を引くリーゼントについて語る。

 川島は「ただただ、ジャニーズWESTさんのキャラが濃すぎて。どう自分が埋もれないようにすればいいのかと試行錯誤していました」と撮影を振り返る。

川島海荷

 李監督は『デトロイト・メタル・シティ』や『神様はバリにいる』など、自由な発想でこれまでにない作品を生み出してきたことで知られる。監督について桐山は「最初にオファーを頂いた時はジャニーズ WEST7人みんなで出れるということをみんなで喜びました。李監督は僕らよりも熱い監督で最後の辺りは台本をバンと床に叩きつけて、『よし! みんな集合』という感じでした」と情熱的な人物であることを語った。

 初主演ドラマを李監督に撮ってもらったという、藤井は「李監督と聞いて、何か嫌な予感がしたんですよ。その時も金髪ロン毛の役だったんですけど、衣装合わせでこのヅラと聞いて…多分このヅラ基準で考えてるで(笑)」とここでも笑いを誘った。

 この日、会場に訪れていた島本氏は撮影現場でメンバーの似顔絵を描いたという。重岡は「熱く励ましてくれて、ありがとうございます」と客席の島本氏に感謝を述べた。島本氏も客席から「おもしろかった!」と語りかける。小瀧も「ここにいる8人よりもキャラ濃いです。います? 客席からまじで話しかけてくる人(笑)。対談でも火傷するわ! というくらい熱い人です」と島本氏について語る。

 さらに、第1話のダイジェスト映像を観ながら、メンバーと川島が場面について解説する場面も。桐山は「ワイヤーを使っている場面なんですけど、もう一回やるとなった時に、急いでて俺ワイヤー付いてない状態で宙浮かんでたんですよ。本当に体張ってました」と現場でのハプニングを明かした。濱田も「2話以降はもっと体張っている場面が出てくるので、お楽しみに」とアクションシーンも見どころだと言う。

 中間は「最終話に最強の敵が出てくるのですが、皆さん本当にびっくりすると思います」と見せ場について含みを持たせた。

 ドラマ主題歌はジャニーズWESTが歌う、22日発売の新曲「考えるな、燃えろ!!」。川島が「え? この格好で歌うんですか?」と質問すると、メンバーは「そうですね…面白いことを聞いてくれますね。それはそれで、面白いものが待ってますんで」と歌唱時の衣装については明言を避けた。

 最後に、重岡は「ネットで、オリジナルドラマでということは今までにないことなので、皆さん好きな時間に好きな場所で、そして何回でも楽しんで頂けたらと思います」と呼びかけた。【取材・撮影=松尾模糊】